無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

打ち上げ
ーーーーーー2年3組のみんなでカラオケへ。









みんな思い思いに好きな曲を入れていく。








私「あっ、この歌好き〜!」


舞『これ良い歌だよね〜!』





みんなが歌っているのを聴いて、タンバリンを鳴らしているだけの私達。笑


人前で歌うなんて恥ずかしくて無理っ!






光『いや〜それにしても今年の体育祭は盛り上がったね〜!!』



舞『芽衣のチアも可愛かったよね〜♡』



光『芽衣ちゃんのパンツもバッチリ見れたよね〜!』



私「ちょっと!あれはパンツじゃなくて見せパン!」




光『なーんだ、残念!……な、湊!』





湊『……何がだよ。笑』





舞『芽衣の本物のパンツ見れなくて残念だね♡』




私「えっ、ちょっと、湊!?」





湊『お前らまじやめて…』







そう言って飲み物を飲む、湊。

この反応は、、、、、照れてる湊だ!

やっぱり免疫ないんだろうなー!
(勝手に決めつけてる)







舞『でもほんと惜しかったよね〜総合2位って!』



私「総合優勝は逃しちゃったけど、楽しかったね〜」



光『最後のリレーがなぁ〜!!』









湊『………優勝逃しちゃって悪かったな!』









光『わー、湊が怒ったー!!笑』



私「あははっ(笑)、誰も湊を責めないよ!笑」



舞『そうそう、あんなに足速いとは思わなかったし!
第一、足速そうに見えないし!笑』







湊『…………おい(怒)』









湊は最後までハル君を追い詰めた。

ほんとに想像以上に速くてビックリした。



もしかしたら、、、

あのハル君よりも速いんじゃないか

って思うぐらい。









光『でもなんで最後の最後でよそ見するかな〜』




湊『…………うるさい。』




私「え、やっぱりよそ見してたの?」




光『そうなんだよ〜、てか芽衣ちゃん見えたの!?』




私「あ、いや、、私じゃなくて、、、」








ハル君が言ってた。



って言おうとしたけど、



またハル君ハル君うるさいって言われるかな…









湊『………………』




光『ほんと惜しかったよな〜!!』




私「うん、ほんとに一瞬抜かしたかと思ったよ!」








湊『………悪かったな、気が抜けたんだよ。』








気が抜けたって、、


あの場面で…?笑







私「……ぷっ、あははっ(笑)、おっかし〜!!笑
ほんと湊って不思議だよね〜!!笑」





湊『……バカ芽衣。お前は笑うな!』










しっかりしてるはずなのに、

時々抜けてるんだよなぁ、湊は。




"バカ芽衣"って言って拗ねてるように見えるけど、

それさえもなんだか可愛いな、って思ってしまう。






こんな風に思うなんて、


どうしたんだろう、私。