無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

大学4年生





あれから月日は経ち、





大学4年生になりました。












『芽衣、ニヤけすぎ!』



私「え!?ニヤけてないよ!」



『また彼氏でしょ〜!?』



私「あ、バレた?笑」



『バレバレだから!』





彼女は佐原桃。
大学1年の時からの友達






桃『いいな〜芽衣は。』


私「何がー?」


桃『もう就職先も決まって、将来の相手も決まって
人生勝ち組じゃん』


私「そんなことないよ(笑)」


桃『しかも彼氏超ハイスペックだし、まじでめっちゃ
羨ましいわー』


私「ハイスペック…笑」


桃『いいなー、私も彼氏欲しいー!』









彼氏、かぁ。





あれからみんな別々の道へ。





舞は体育大学へ進学。

光っちはなんと芸術系の道へ。

翼くんは教育大学。


そして私は看護学校へ。




高校の時ほど頻繁に会うことは出来ないけど、
たまに会って相変わらずみんなでワイワイしてる。






そして湊。





湊は高校卒業後、アメリカの大学へ進学。

医学の道へ進んだ。







そう、遠距離恋愛中です。








1年に2回、湊が日本に帰ってきてくれるから
それを楽しみに毎日頑張ってきた。




湊がアメリカに行くか悩んでいる時、
私は素直に応援出来なかったけど
最終的に背中を押すことが出来た。



泣かないって決めた。



結局、湊が出発する時、大泣きしたけど。笑









でも、頻繁に連絡くれるし、寂しくないの。






そう言い聞かせてもう3年半が過ぎたのかぁ。笑





実際、連絡も頻繁ではないけど。笑
1週間に1回電話くるかなってぐらい…

LINEも1日1通返事くれば良い方…笑



でも大変みたいだし、仕方ないよね…











桃『ねぇ、芽衣聞いてる〜?』


私「え!?なに?笑」


桃『だーかーらー!!たまには私の彼氏作りに協力
してってば〜!』


私「んー、協力って言われても…私男友達あんまり
いないしなぁ」


桃『一緒に行ってくれるだけで良いの!』


私「行くって、どこに?笑」


桃『飲み会♡』





飲み会って……





私「やだ。」


桃『え〜なんでよ〜!!』


私「お酒飲めないし、そういう飲み会好きじゃない」


桃『良いじゃん、夏なんだし!あ、それか…』





夏かぁ。

もうそんな時期か…

湊帰ってくるのかなぁ






桃『良いよねっ!?芽衣!』


私「え!?うん、、え!?何が?」


桃『はい、うんって言ったね〜!!』


私「え?飲み会!?嫌だよ!」


桃『飲み会じゃないよー!海!』


私「海!?」


桃『奈々たちと海行く予定だから芽衣も来て!』


私「え、私はいいよ〜!」


桃『だめ!芽衣もたまには遊びに出た方が良いよ!』


私「遊んでるけどなぁ…笑」


桃『いいから行くの!8月8日だからねー』


私「はいはーい」








奈々たちとはそこまで仲良いわけじゃないから
気まずいなぁ〜


まぁいっか。荷物番してよ










あ、そうだ



湊に返事しなきゃ…








【アンディたちとバスケしてきた】






そんな短文と一緒に1枚の写真が。






そこには外国人に囲まれながら笑顔の湊が。





久しぶりの現在の湊。





遠距離になると、髪の毛を切ったとか、痩せたとか
太ったとか、新しい洋服とか、今何をしているのか、

とか…

まったく分からないのが少し寂しい。







はぁ、、




それにしても








相変わらず


かっこいい。笑












親バカならぬ、湊バカだと思う、、





早く会いたいなぁ。
次いつ会えるのかな…