無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

そっち!?
ーーーーーーガラガラ、






舞『あ、芽衣おはよー!!』



私「舞、、、おはよう!」





授業が始まるまでの短い時間で、

舞に昨日の出来事を話した。



気持ちを新たにして、

また頑張ること。

ハル君のこと、諦めないことも。






舞『そっかそっか〜、よく頑張ったね』



私「まい〜(泣)」





そんな優しい言葉をかけられたら涙が出てしまうよ‥





舞『てかさっ!成瀬君との遭遇率半端なくてそっちの方が衝撃なんだけど!笑』



私「いや、ほんと怖いよ」



舞『でもいつも芽衣が困ってる時に現れるなんて、
カッコイイじゃん!!』



私「いやいや、もはやストーカーのようで…」



舞『ストーカーって!笑』



私「だって私が行くところに成瀬君がついてきてるもん!やっぱりストーカーなのかなぁ…」





舞『…………あ。』









え?













湊『…おい、誰がストーカーだって?(怒)』












私「…………げ。」






光『え、なになに?湊、モッチーのストーカーなの!?』




湊『……光、うるさい』




私「あ、トイレ行ってこようかな〜」













湊『……おい、逃げんなよ、芽衣』











え、







今、なんて、、、











光『え!?え!?ちょっと待って湊!』




湊『…………は?』




光『い、今、なんて言った…』




湊『……は?』








いや、たしかにそうだよ、合ってるよ。



あなた間違ってないよ。



たしかにね、




は?



って言ってるよ。




いや、言ってるけどさ!!










光『いや、そうだけど、、いや、違くてさ、、』





舞『成瀬君って芽衣のことなんて呼んでるの!?』






ちょ、舞!!どストレートな質問!!!









湊『え、、、芽衣。でしょ?』









光・舞『ぎゃあぁぁぁぁぁぁあああ!!!』






湊『……え、間違えた?』





私「い、いや、、、間違えてないけどさ、、」









たしかに名前で呼んでって言ったけど、、






まさかのそっち!?!?!?









望月じゃなくて、芽衣の方ですか!!










光『いや〜〜、そうか〜〜、湊がね〜〜』ニヤニヤ




湊『……なんだよ』






成瀬君はなんでみんながそんなに騒いでいるのか

理解できないようで、

少し、ムッとした顔をした。






成瀬君にとっては何も特別な意味はないんだろうな。



私に名前で呼んでと言われたから、



名前で呼んでるだけなんだろう。



勝手に苗字で呼ばれると思っていた私が悪い、と思う。



きっと私が望月しか名乗らなかったら、



成瀬君は私のことを望月って呼んでたんだと思う。



そう思うと、なんだか素直な子供のようで可愛く思えた







湊『…なんで芽衣が笑ってんだよ』ムスッ




私「クスッ(笑)成瀬君って、可愛いなぁ〜(笑)」




湊『……お前なぁ、、』




私「あれ?私の名前、お前じゃないよね??」




湊『………お前…覚えとけよ、芽衣(怒)』









不思議な成瀬君の、新しい一面を見た気がした。




本当に成瀬君にはいつも驚かされるなぁ。。