無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第90話

あれから3ヶ月










湊と両想いになって、3ヶ月。












舞『ねー!今度さ、プラネタリウム行こうよー!』



私「賛成ー!!」



湊『やだ、眠くなる。』



光『俺もパス〜』










変わらない毎日を過ごしてます。










私「行こうよー!!」



湊『2人で行ってくれば〜。』



舞『なんで男ってそういうのに興味ないのかな〜』



光『なんかああいうのって寝ちゃうじゃん?笑』



舞『寝、る、な!!』









付き合ってる、と言えども



特に何か変わったわけでもなく。






一緒に帰る時は家まで送ってくれる。






デートもそれなりにしてる、と思う。







映画に動物園に水族館…







特に手を繋ぐわけでもなく。






これって本当に付き合ってるのかな、





って不安になることもたまにある。










舞『そういえばもうすぐクリスマスだけど、芽衣と湊はどこ行くとか決めてるのー?』




私「え!?」







放課後、舞と2人でマックに寄り道をしている時に


ふいに舞がそんなことを聞いてきた。







私「……何も、決まってない…」



舞『え!?まじ!?クリスマス来週だよ?』



私「そうなんだよね〜、、、」



舞『湊からなんか言ってこないの?』



私「………………何も。」



舞『まじか…まぁ湊だしね…』



私「…………そうなんだよね…笑」







湊はイベントとかにこだわってないというか、



興味が無いというか…







私「やっぱり、私から誘うべき、、だよね?」



舞『このまま会う予定ないよりはね〜』



私「でも行きたいところとか、特にないし…」



舞『プラネタリウムで良いじゃん!』



私「でも湊、嫌がってたし…」



舞『何言ってんのー!芽衣が言えば湊は言うこと聞くに決まってんじゃん!笑』



私「いや、それはどうかな…笑」



舞『プラネタリウム、行きたいんでしょ?』



私「行きたいっ!!」



舞『じゃあ誘ってみなよ ♪』



私「…………そう、だよね…頑張ってみる!」








せっかく付き合って初めてのクリスマスだもん



湊と一緒に過ごしたい。






舞に背中を押され、すぐに湊に連絡をした。





私【話したいことがあるんだけど今から会える?】





3ヶ月付き合っていても、

まだ返事が来るまでドキドキする。




迷惑じゃないかな、


頻繁に連絡してきてウザイとか思われてないかな




ってまだ不安になったりする。





返事が来るのが待ち遠しい。





しばらくして湊から返事、ではなく、電話が来た。





私【もしもし?】


湊【もしもし芽衣?今どこ?】


私【え!?駅前だけど】


湊【今行くから待ってて!】


私【え!?わ、分かった!】






ーーーピッ







今行くって言った??





ここに居て良いものか、ウロウロすること5分。








湊『芽衣。』



私「あ、湊!早いね!?」



湊『どした?』



私「え?いや、別に大したことじゃ…」



湊『…………』



私「……湊??」



湊『はぁーー。疲れた。』



私「走ってきたの?笑」



湊『悪いかよ。』



私「走らなくても良かったのに。笑」



湊『お前が変な文章送ってくるのが悪い。』





変な文章??





私「変な文章なんて送ってないけど?」



湊『話したいことがあるって。』



私「え?変じゃないよね?笑」



湊『紛らわしいんだよ!笑』



私「……??」



湊『あーもうバカ芽衣!行くぞ!』



私「え?どこに?」



湊『どっか!!』



私「どっかって…どこ〜!!笑」













相変わらず湊のペースだけど、




それでも私のために走ってきてくれる





湊がやっぱり大好きです。










湊『あ、そうだ、芽衣』



私「んー?何ー?」



湊『来週の土曜空けといて。』



私「来週の土曜?」



湊『クリスマスだろ。』



私「………え?」



湊『なに、もうなんか予定入ってる?』



私「あ、いや、そうじゃなくて…」



湊『なんだよ。笑』



私「…………クリスマスとか、湊は興味ないのかと
思ってた…」



湊『……うん、興味はない。笑』



私「だよね…笑」



湊『だって芽衣、そういうイベント好きだろ。笑』



私「…………うん、好き。」



湊『素直じゃん。笑』










やっぱり湊は優しいね。




あーあ、、、湊には適わないなぁ…




いつもドキドキするのは私ばかり。









湊『それに、俺も芽衣に会いたいし。』








私ばかり、どんどん好きになっていく。








私「…………ズルいなぁ、湊は。」



湊『なんか言ったー?』



私「べっつにー!!」



湊『ふーん?』



私「で、クリスマスどこ行くー?」



湊『当日のお楽しみ。』



私「え!?決めてるの?」



湊『うん、決めてる。』



私「教えてよー!」



湊『やだねー』











一体どこへ行くんだろう??