無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

お兄さん



ーーーーガチャ、





私「……お邪魔しまーす…」




『どうぞどうぞ、入って!』




湊『…いや、ここ俺んちだから。』




『冷たいこと言うなよ〜』








さっきから思ってたけど、、



性格が正反対の兄弟…?笑









湊『…………芽衣、これが俺の兄貴の、櫂(かい)』




櫂『こら!兄貴をこれとか言わない!』





ーーーーペシッ





湊『いてっ!』




櫂『改めまして、湊の兄の成瀬櫂です!』





私「あ、望月芽衣です!」





櫂『さっきはスマホ届けてくれてありがとうね!』





湊『……忘れ物多すぎなんだよ。』





櫂『湊が急に追い出すからだろ〜!!』





湊『あっちこっち散らかすから忘れんだよ。』





私「…………ふふっ(笑)」





湊『……何、笑ってんだよ』





私「あ、ごめん、つい…笑」





櫂『女の子にそういう言い方しない!』






ーーーーペシッ






湊『いてっ!』





私「…………ぷっ(笑)…もうダメ、笑っちゃう!笑
あの湊が押されてる〜!」





湊『…………笑うな、バカ芽衣』





私「だ、だって!!爆笑」







櫂『湊、お前な〜、、、彼女に向かってバカなんて
言うなよな〜』








私「!?!?!?」










か、彼女!?!?




いま、彼女って言った!?









私「……い、いやいやいやいや!違いますよ!?
彼女じゃないです!」





櫂『え!?良いよ、隠さなくても…湊が彼女連れ込んでることは内緒にしておくし!』





私『いや、ほんとに違うんです…』







湊『……兄貴、黙って。芽衣はただの友達だから。』







ただの、友達。



そうなんだけど、



間違いじゃないんだけど、



なんかちょっと胸がチクッとした








櫂『あ、そうなの!?ごめんね、てっきり…』





私「いえ、湊とは同じクラスで……」





湊『宿題終わらないから教えろって来たんだよ。』





私「ちょっと、湊!言わないでよ!」







なんか恥ずかしいじゃん。


そんなのも出来ないの?って思われそうで…









櫂『宿題かー。あ、じゃあ俺が教えてあげようか?』








湊『はっ!?』



私『えっ!?』







櫂『今日予定ないから、暇だしさ〜』





私「いやいやいや、いいですよ!申し訳ないです!」





櫂『ははっ(笑)、遠慮しなくて良いのに…こんな事で申し訳ないけど、スマホ届けてくれたお礼だと思って。笑』






湊『…………いや、芽衣には俺が教えるから兄貴は
家帰って良いよ』






櫂『そんなこと言ってお前も宿題終わってないだろ〜』






私「え!?湊、宿題終わってないの!?」






湊『…………速攻で終わらすから平気。』






櫂『お前、いつもギリギリにやるタイプだもんな〜』





湊『今日終わらす。』






櫂『じゃあ今日は湊は自分の宿題に集中しないとな!
だから俺が芽衣ちゃんに教えるよ!』






私「え、いいですよ!ほんとに!」






櫂『ダメダメ!スマホのお礼しないと気済まないから…ね、お願い!』








うぅ……




そこまで言われると……








私「…………はぃ、、、」






櫂『よーし、じゃあ決まりっ!』






湊『!?……何、OKしてんだ、バカ』






私「だ、だって……!!」






湊『……はぁ、、、』










そんなこんなで、お兄さんに教えてもらうことに
なったんだけど、、