無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

私だけ





櫂『ただいまーー』





私「あっ!!おかっ、おかえりなさいっ!!」





櫂『……………ん?…あれ?…なんか芽衣ちゃん
顔赤くない??』






お兄さん、

それは言わないでよ〜〜(泣)







私「あっ、暑くてっ!!」




櫂『んー、じゃあ冷房の温度もっと下げようか〜』




私「いや、だ、大丈夫です!!」





櫂『え、大丈夫?』





私「はいっ!!」





湊『………………ふっ(笑)』







何、笑ってんのよ、この男!!



誰のせいだと思ってんのよ!









櫂『あ、そういえば芽衣ちゃん、さっきも顔赤かったよね?』




私「え、、」






その、さっきの話はもうやめて〜〜〜(泣)






湊『…………兄貴、さっきって俺が隣の家に行ってた時のこと?』





櫂『あーーー、そうそう、その時!』





私「あ、お兄さんっ!コーラ飲みますかっ!?」




櫂『うん、飲む!喉カラカラでさー』





湊『……で?なんで芽衣顔赤かったの?』





櫂『あーー、芽衣ちゃん可愛いから、俺がからかっちゃったからかな?笑』





私「ちょ、お兄さん!!」





湊『……からかう?』





私「え、いやいやいや!!!」





櫂『芽衣ちゃんが可愛くて可愛くて、、、』





私「ちょっと、お兄さん?何言ってるんですか!」





櫂『つい、おでこに、、、ね?』





湊『…………おでこ?』








おでこ?



何の話??









櫂『さっきはごめんね、芽衣ちゃん!』




私「え?いや……はい、、え??」








えっと、、話が理解できないんだけども、、



私、何もされてないけど…?










湊『…………芽衣、もう遅いから送る。』




私「え!?あ、うん…」






急に湊に"帰れ"と言われた気がした。






私「あ、じゃあちょっと机片付けてくるね…!」






急にどうしたんだろう、湊?




ていうか、




急に何の話をし始めたんだろう、お兄さん!!







私「あ、お待たせ…」




湊『……ん。』




私「それじゃあ、お兄さん、、2日間ありがとうございました!!」




櫂『うん!また会おうね、芽衣ちゃん!』




私「はい!また…!」




湊『…………芽衣、早く行くぞ』




私「あ、うん!」







どこか不機嫌な湊。







櫂『あ、湊!』



湊『…………なに?』



櫂『ちょっとこっち来い』






そう言ってお兄さんは湊を呼び、何やら耳打ちをした






湊『…………は?』






湊が驚いた顔をしているのとは裏腹に、


お兄さんはケラケラと、笑っていた。







何話してるんだろう??







櫂『じゃ、芽衣ちゃん!ちゃんと家まで送ってもらいなよー!』



私「え、あ、はい!」



湊『…………行くぞ。』



櫂『またねー!!!』



私「お兄さん!本当にありがとうございました!」



櫂『どういたしまして!気を付けてねー!』







ーーーーーーーーバタン、







私「…………何話してたの?」



湊『………………別に。』



私「ふーん、また内緒ですかー」



湊『………………』



私「ふーーーーーーん。」






わざと拗ねた素振りをしてみた。






湊『…………おでこ、』




私「……おでこ?あ、あれは!!」




湊『知ってる。何もしてないって、さっき聞いた』




私「なんであんな嘘言ったのか…分かんないけど…」




湊『…………俺をからかってんだろ』





私「からかう?」





湊『あーーもうこの話は終わりっ!!』





私「なんでよ!教えてっ!!」





湊『あー残念!もう芽衣の家着くから時間ないわー』





私「もうっ!!!また内緒!?」









湊のばーか!!









湊『そういや、もう夏休みも終わるんだなー』



私「そうだね〜、早いね…」



湊『あっという間だな〜』



私「てことは、もうすぐ修学旅行だよ!」



湊『え?いつだっけ?』



私「ちゃんと覚えてなよ!10月でしょ!」



湊『あー、そうか…沖縄だっけ』



私「そうそう!楽しみだね〜!!」







私たちの学校の修学旅行は、

高校2年の10月にある。





沖縄か北海道のどちらか選べるけれど、

夏休み前に今回うちらのグループは沖縄を選んだ。






私「たくさん思い出作ろうね!」



湊『…………迷子になんなよ?笑』



私「な!ならないもん!」



湊『なったくせに。笑』



私「それに、大丈夫だよ。私が迷子になっても、
湊が見つけてくれるんでしょ?」



湊『…な!……お前な……』



私「ふふっ(笑)」



湊『……ほんとバカ。』







湊の家から数十分。



もう家に着いちゃった。




もっと一緒に居たいなぁ




て、思うけど




もうすぐ学校で毎日会えるもんねっ





我慢、我慢









私「あ、じゃあ、湊……2日間本当にありがとうね!
また学校で!」





湊『……芽衣、』




私「…ん?何??」




湊『これ。』




私「……え?」







可愛らしい小瓶に入ったキャンディ。







私「どうしたの、これ??」




湊『……あげる。』




私「え?私に……?」




湊『……お土産。』




私「え!!うそ!!ありがとう!!」




湊『光と舞には言うなよ。』




私「……なんで?」




湊『それ、芽衣にだけだから』




私「え、そうなの?」




湊『光と舞には現地のスーパーで買ったお菓子しか買ってないから。笑』




私「え、なんで?笑」




湊『いいんだよ、あいつらバカップルにはその辺で
買ったお菓子で。笑』






それって、、






私「どうして私にこれ、買ってきてくれたの?」





湊『……なんとなく、芽衣っぽかったから。』







この可愛らしい小瓶が、、私っぽい??







私「え、なんかそれは……」






恥ずかしいんだけど、、







湊『じゃあな!』




私「えっ、あ、湊!ありがとう!!」




湊『…………ん。』










帰って行く湊の後ろ姿を見ながら、






湊の言葉を思い出していた。









"芽衣にだけ"








これ、食べるの勿体ないなぁ。