無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

いざ沖縄へ





ーーーーーーーー








舞『沖縄着いたーーーーーー!!!』



私「あつーーーーーーいっ!!!」



湊『………………眠い…』



光『トイレ行ってくる!!』






この、男子のやる気のなさ。笑





そうです、





ついに修学旅行がスタートしました!!





人生初の沖縄〜!!





10月だけど、まだ暑い〜









先生『よし、みんなバスに乗れ〜』







バスに乗って向かった先は、




ひめゆりの塔。




初日は、平和学習です。






そんなに遠くない過去に、

こんな悲惨な戦争があったなんて。。




授業でも習っていたし、知ってはいたけれど、

実際足を運ぶと、全然感じるものが違う。




当時の人達はどれだけの恐怖と不安と戦ってきたのだろうか。



同じ年頃の人達、年下の子達もたくさん犠牲になっているのも、胸が締め付けられた。







これから先、二度と戦争が起きませんように。





そう強く願った。










ーーーーーーーー








先生『食べ終わった人から自由時間な〜』






1日目のホテルに戻り、夕食を取っていた。

ちなみに2日目、3日目はまた違うホテルなんです。






光『あー、食った食った!お腹いっぱい!!』



湊『パイナップルまじ美味い!』



私「明日パイナップルパーク行くのに、パイナップル食べ過ぎでしょ!笑」



舞『どんだけパイナップル好きなの!!笑』







湊はブュッフェ形式の夕食で、ほとんどパイナップル
ばかり食べていた。



たしかに美味しいけど、明日も食べるのに…笑




でも、



四六時中一緒にいれて、嬉しいな。






舞『さてと!ご飯も食べたしっ!部屋戻ろっか!』



私「そだね〜」



光『まいまい!あとで連絡する!』



舞『分かった〜!』







舞と光っちは後で会うのかな?






ーーーーーーピッ、






私「はぁ〜、疲れた〜〜」



舞『さすがに疲れたね〜』





部屋に戻るなり、私と舞は倒れ込むようにベッドに
ダイブした。





1日目のホテルの部屋は、私と舞と友達3人の

合計5人部屋。






他の3人は夕食のあと、ビーチに散歩しに行った。







舞『それじゃあ先にお風呂入っちゃうね〜!』



私「はーい!」






舞がお風呂に入っている間、暇だし

バルコニーにいよーっと。





ーーーーーガラガラ、





あーー、良い風っ!




もう暗くなっちゃったから海の綺麗さは

分からないけれど、




なんか気持ち良い〜。




下のビーチを見ると、

カップル達が砂浜でキャッキャッしてる。








良いなぁ。







私も、、、







って、何考えてるんだ私。






でも、、、






やっぱり良いなぁ。









舞『芽衣〜?なにしてんの?お風呂入りな〜』




私「え!?舞お風呂出んの早いね!!」




舞『ちょっとこのあと光と会ってくるからさ〜』




私「あ、なんかさっき言ってたもんね!私部屋にいるから行っておいで〜」




舞『ごめんね、芽衣!ありがとうっ!』






そう言って舞はナチュラルメイクをして出ていった。



汗かいたからお風呂に入りたかったのかな?



可愛いな〜、舞。






さてとっ、





お風呂入ろーっと。






ーーーーーーサァァァァ、、






私も会いたいなぁ、





湊に。





修学旅行中ずっと一緒なのに、





会いたくてしょうがないよ。






湊、いま何してるのかなぁ。






そんなことを考えながらシャワーを浴びた。







ーーーーーーー







はぁーーーー、さっぱりした!






お風呂から上がったら、なんだか喉乾いちゃったなぁ






ナイトウェアも今回は私服っぽいものにしたし、、





舞もまだ戻らないよね?





ルームカードは私と、3人組の1人が持ってるから


舞が戻ってきたら入れ違いになっちゃうけど、、



まぁ一瞬だし平気だよねっ







下に行って飲み物買おーっと。