無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

よろしくね





友香先輩は何を言っているんだろう。








別れた?







ハル君と、友香先輩が?











友香『……芽衣ちゃんは、遥斗のことが好き?』










私「…………え、、」











突然の質問に思わず言葉が詰まった。











友香『私はね、今でも遥斗が好きだよ』







私「それじゃ、なんで別れたんですか…」







友香『…………私が欲張りだったからかな。』







私「欲張り…?」








友香『1番が欲しくなったの。』









私「…………」









友香『この先、遥斗が誰かと付き合ったとしても、
きっとその人は1番にはなれないんだよ…』







私「……そんなことないと思いますよ。ハル君、友香先輩のこと本当に大事にしてましたから…」







そう、だってこの前も友香先輩を放っておけないって
言って追いかけていったもん。









友香『たしかに大事にしてくれてたかもしれないけどね…だけどそれでも1番じゃなかったと思う。』









私から見たら、


ハル君は友香先輩を1番に想ってたと思う。




私が友香先輩のことを悪く言った時も、


噂や想像で判断するなって怒られた。




だから、




友香先輩が何を言ってるのか、


頭が全くついていかないんだ。












友香『芽衣ちゃん、遥斗のこと…‥よろしくね。』











そう言って友香先輩は帰って行った。










どうして私にハル君のことよろしくねって言ったのか


どうして今更私に謝ってきたのか


どうして別れたことまで言ってきたのか





頭がついていかない。










そっか、ハル君と友香先輩、別れたんだ、、、
















突然のことに放心状態になってしまい、





ただただ、ボーっと考えていた。











ハル君、、、









いつもの私なら、




彼女と別れた!よっしゃー!




って思うんだけど。。









おかしいな、、今日風邪でも引いたかな‥














ーーーーーーガラッ











遥斗『ぅわっ!芽衣、まだ居たの!?』







私「ハル君…」







遥斗『今休憩だから、もしかしてって思って来たんだけど…』







私『…‥………』








遥斗『…………芽衣?』









私「………‥友香先輩、別れたって…言ってたけど‥」









遥斗『………………あー、うん。』









私「……どうして?」