無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

俺を見てろ



ーーーーーガラッ、





教室へ戻ると、、、






私「あれ?……湊?」




湊『!!……あぁ、芽衣か。』



私「どうしたの??」



湊『飲み物忘れた。あと休憩。』



私「休憩って…笑」



湊『てか応援団の集まりは?』



私「あぁ、もう終わったよ!着替えに来たの!」



湊『あぁ、、じゃ先戻るから』





また目も合わさない湊。





私「湊って、意外と純情だよね〜笑」



湊『はっ!?』



私「あははっ(笑)、動揺してる〜笑」






あんなに無表情で無愛想だった、あの"成瀬君"が
ほんとに分かりやすい人になったな〜。





湊『………バカ芽衣、くだらないこと言ってないで早く着替えろよ。じゃあな!』




私「あ、湊!リレーなんだけど、、」




湊『……?』




私「ハル君も、、アンカーなんだって、、」




湊『…………』




私「その、、どうしたら良いか、、」




湊『……良かったじゃん、その幼馴染応援出来て。
だって幼馴染が勝ったら、芽衣は俺の賭けには勝つんだぞ。』



私「……そうなんだけど、、」




そうなんだけどさ、、、



でも、、、




私「……ハル君が負けるのは見たことないし、見たくない。でも、湊が負けるのも見たくはない、、かな。」





何言ってんだろ、わたし。


こんなこと湊に言う必要ないのに。


しかも言われたって困るよね…





私「あっ、、意味分からないこと言ってごめん!」




湊『……』




私「ハル君とも賭けしててさっ!それで…」




湊『芽衣はどっち応援したいの?』




私「私は……」










湊『……悪いけど、俺負けないよ?』








私「え……あ、でもハル君相当足速いから…
湊でも勝つのは無理だと思う…」









湊『俺も相当足速いから。』







私「いや、でも、、、」



















湊『芽衣、幼馴染じゃなくて俺を見てろよ』















私「……え?」










湊『そろそろ気付け、バカ芽衣。』












私「……それってどういう…」










湊『…………早く着替えて来いよ』











そう言って、湊は教室から出て行った。







そろそろ気付け






気付けって、、、






何に??