無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

クラス替え

ハル君と下駄箱で別れ、掲示板を見に行く。


そう、今日は新クラス発表の日!!





舞『芽衣、おはよー!』



私「舞!おはよ!もうクラス見たー!?」





彼女は、平野舞(ひらの まい)

中学校から一緒で、奇跡的にずっと同じクラス。
可愛くて明るくて優しい私の大親友。





舞『ふ、ふ、ふ!!記録こーしん!』



私「もしかして、、、!?」



舞『そのもしかして、だよー!!!』



私「やったぁーー!!!」



舞『うちら3組だよー!今年は修学旅行もあるし、ほんとに芽衣と同じクラスで良かったー!』






そうだ、今年は修学旅行もあるんだ





色んな楽しみが待っている2年生。
楽しみだな〜




足取りも軽く、2年3組へ






ーーーーーーガラガラッ






ガヤガヤ、と新しいクラス独特の雰囲気。




あー、2年生になったんだなぁ、、、





『舞ちゃんと芽衣ちゃんだよねっ?』




舞『うん、そうだよ〜!よろしくね〜!』




『よろしくね〜 ♪ 』





簡単にみんなと挨拶を交わして自分の席へ。



みんなの名前、早く覚えなきゃなぁ





あ、そうだ!
ハル君にも連絡しておこう〜 ♪






"ハル君、舞とまた同じクラスになったよ〜(≧∇≦)
2年3組でした☆ハル君は!?"






ーーーピロンッ ♪





しばらくして返信が、、、




""おー、良かったな!俺は1組!""






ハル君は1組かぁ‥


そしたら体育祭とかは別チームかぁ

去年は同じチームだったのにな‥




うちの学校はクラス毎のチームになるから、
1年3組、2年3組、3年3組は同じチームになるんです。




ハル君と一緒の体育祭は今年が最後なのに‥






と、少しガックリしていると、、







ーーーーーーピロンッ ♪





ん?またハル君から‥






""体育祭、どんまい!笑""






え!?なんで落ち込んでるの分かるの!?





"どうして私が考えてること分かるの?Σ(゚o゚)"






ウキウキしてハル君からの返事を待っていたけど


それから返事はなく。



ハル君お得意の既読スルーですよ。





とほほ、