無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

もう一人の住人
蝶屋敷。それは蟲柱、胡蝶しのぶが柱に与えられる屋敷を怪我人の手当ての為に開放している屋敷。

ここには基本、胡蝶家の人間か看護師の女性しか住み込みを許されていない。だが、そこに1人だけ住む事を許された男が居た。


その男の名は獏良 遼(ばくら りょう)。今は亡き胡蝶カナエの弟子であり、しのぶの同い年。言うなれば、胡蝶家に認められた唯一の男性なのだ。
胡蝶 しのぶ
遼、少しこっち手伝ってくれる?
獏良 遼
分かった。今行く
縁側に座っていた時、しのぶに声をかけられ共に治療に使われる表側へ向かう。裏側は皆の部屋や生活に必要な部屋しかない。
獏良 遼
今、誰が治療しに来てる?
胡蝶 しのぶ
面白い子が3人きてるわよ。その内1人は前に言った鬼を連れた剣士
獏良 遼
成程な、そいつらと話してみたいもんだ
胡蝶 しのぶ
終わった後に行けばいいじゃない。交流をしてみるのも悪くはないと思うわよ?
獏良 遼
そうだな。後輩と仲を深めるとするか!
歩きながら話していると、目的の場所に着いたようで早速しのぶの手伝いに回った。


しのぶの薬の調合やアオイの家事の手助け。なほ、きよ、すみとの差し入れ作り等、粗方の手伝いが終わった為しのぶが話題に出した件の3人の元へ差し入れを持って行ってみる事にした。



コンコンコン
竈門 炭治郎
はい、どうぞ
ノックをすると、優しい少年の声が聞こえた。その言葉通り中に入ると、ベッドの上に座っている者、隣に置いてある薬湯を睨む者、頭まで布団を被っている者と様々だった。
竈門 炭治郎
アオイさ…
あぁ、すみません!この時間に部屋に来るのアオイさんかと思って…あの、お名前聞いてもいいですか?
耳に花札のような耳飾り、濃い赤に近い髪のハキハキとした少年。あの耳飾り…って事は彼が鬼を連れた剣士か!確か名前は竈戸炭治郎…だったかな。
獏良 遼
ふふっ、そんなに丁寧じゃなくていいですよ。肩の力を抜いて下さい
俺の名前は獏良遼。気軽に遼と呼んでください!
人の前だと敬語になる癖が付き、今もこうやってしまう。別に悪い癖だとは思っていないが、裏表があると勘違いされそうだと思う節もある。
竈門 炭治郎
その髪飾り…って事は、蝶屋敷に住んでるんですか?
髪飾りの事を聞かれ、見えやすいように少し首を捻ってみせる。それに緩く触れながら話す。俺のは真っ赤な蝶の髪飾りだ。
獏良 遼
そうです。この赤い蝶の髪飾り…ここに住む女性達の持つものよりかは小さいですが、俺自身気に入っているものなんですよ
竈門 炭治郎
へぇ、そうなんですね。素敵です!
焦げ茶の髪を結いこの髪飾りを付けると、何となく傍に師範が居てくれているような安心感を持てる。

…と、過去に浸る為に来たんじゃない。この3人と少しでも仲を深めたくて来たんだ。
獏良 遼
そうだ!おにぎり持ってきたんです。食べませんか?
我妻 善逸
おにぎり!?俺も食べたい!
後ろから聞こえた元気な声に振り向くと、湯呑みと睨めっこしていた顔を上げぱぁっと表情を明るくした金髪の青年がいた
竈門 炭治郎
善逸は薬湯飲んでからにしなよ!
…善逸って言うのか。この子だよな、あの蜘蛛の鬼の頸を斬って毒の巡りを遅らせたって子は。ただ、あの時蜘蛛にされかけたせいで腕が縮んじゃってんだよな。
我妻 善逸
えぇえー!だってとてつもなく苦いんだもん!
獏良 遼
苦いものから美味しいものになった方がいいんじゃないですか?
アオイがつくづく困っていたので、俺も薬を飲むよう促す。良薬口に苦しと言うし、苦みもずっと口に残る訳では無い。意を決して早めに飲んだ方が俺としては得な気がするんだがな
我妻 善逸
うぐっ…確かに…
竈門 炭治郎
ほら、善逸頑張れ!
我妻 善逸
うぅ…分かったよ炭治郎
そして、薬湯をぐっと飲み干すとすぐに湯呑みを棚に置いて舌を出す
我妻 善逸
うぇぇ…苦っ、不味っ…
獏良 遼
よく頑張りましたね!アオイに報告しておきます!
竈門 炭治郎
ほら、遼さんがくれたおにぎりたべて元気だしなよ
我妻 善逸
そうだな!!
嘴平 伊之助
オレモ…
獏良 遼
この掠れた声は…?
頭から布団を被って居た子がガラガラの声で喋った。…確か、大きな蜘蛛の鬼を倒そうとしてくれたってしのぶが義勇さんに聞いたって言ってたな。

よくあの言葉足らずを翻訳出来るよな〜しのぶは。
竈門 炭治郎
あぁ、伊之助は鬼に声帯を潰されかけてしまったんです。今は回復してきた方ですけど、まだ本調子の声じゃないので多目に見てあげて下さい!
獏良 遼
成程、分かりました
六つのおにぎりを広げ渡すと皆それに食いついた。腹が減っているのは3人とも一緒だったようだ。
獏良 遼
作った甲斐がありました。美味しそうに食べてくれるとやはり嬉しいですね
我妻 善逸
あっ、これ鮭入ってる!
竈門 炭治郎
これ、1人で作ったんですか?
獏良 遼
いや、あの三人娘と作ったんです。後で彼女らにもお礼を言ってあげてください
嘴平 伊之助
カホ、キノ、ウミ…
我妻 善逸
違うわ阿呆!もれなく全員間違ってんじゃねえよ!
竈門 炭治郎
あんまり動くな善逸!傷に障るだろ!
獏良 遼
ふふふっ、面白いなぁ


このおにぎりをきっかけに彼らと徐々に話す機会が増えていった。そして、仲良くなり先輩後輩関係無く崩れた口調で喋るようになった。
━━━━━━━━━━━━━━━
サク
どうも皆さん、サクです
サク
ついに鬼滅の刃に手を出しました!
単行本も全巻読破し、本誌の方も所々抜けていますが最新話は見るようにしています。
めっちゃ面白いですね!元々ジャンプ派なので、コンビニ等で立ち寄った際に時折さらっと読んではいたのですが、アニメ化してから火がつきました。

いやぁ、これは本当に物語的に面白い。バックグラウンドが鬼側も人間側もちゃんとあるのが個人的には結構好きです。
サク
これは恐らくまぁまぁの長さにはなると思います。
そして、今現時点でメモに書き溜めている所でエンドを若干曖昧に終わらせて本誌とがっつり絡ませないようにするならばいいのですが。

ガッツリエンドまで描き進めようとなった場合は、ほぼ確実にバッドエンドですのでご注意下さい。
でも、多分ラストは前者の方になると思います。それでも良いという優しい方はこの先もお楽しみ下さい!
サク
あ、後。メーカーですが男主がこんな感じだよっていうのを作りました
サク
それでは、今回はこの辺で。
バイバイ~