無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

かまぼこ隊との交流
件の鬼、禰豆子とも会った。人間は襲わないし、寧ろ守るっていう本能を持ってるし、俺は禰豆子の事は賛成派だ。

機能回復訓練には俺も指導側として参加し、カナヲを掴まえた後に俺といった段階式にした。だが、皆頑張っても掠る程度でちゃんと捕まえられた奴は居なかった。
…一番危なかったのは実は善逸だ。彼奴の脚力は本気で侮れない…。



訓練終わりに練習場近くに行ってみると、縁側に外を眺めながら座る炭治郎を見つけたので声を掛けた
獏良 遼
おぉ、炭治郎。お疲れ様
竈門 炭治郎
あっ、遼さん!お疲れ様です
声と匂いで気付いたのか、微笑んで言葉を返してくれた
獏良 遼
炭治郎もいい加減、敬語外していいのに
竈門 炭治郎
尊敬の念ですよ!
獏良 遼
嬉しい事言ってくれんなー
…そんなに尊敬されるべき奴では無いけどな
我妻 善逸
あ!遼居た!ちょっと助けてー!!さっきからアオイちゃんに追われてんの!!あの子めっちゃ怖いんだけどぉ!
庭を走ってきた善逸があの汚い高音(褒め言葉)を撒き散らしながら来たかと思えば、俺の後ろに隠れ怯えるように震えていた
獏良 遼
いや善逸…それはお前がおやつの饅頭食ったからだろ。あの子は理由も無く怒る子じゃないよ
神崎 アオイ
善逸さん!いい加減にして下さい!
そして案の定というかなんというか…アオイが善逸の走ってきた方から歩いてきて、善逸を叱りつけようとしていた。
我妻 善逸
ひぃぃいー!
神崎 アオイ
遼さんも手伝って下さいよ!
獏良 遼
まぁまぁ、今回は俺が叱っとくからアオイは洗濯お願い出来るか?
アオイは他人にも厳しいが自分にも厳しく、そして誰より責任感が強い。だからこうやって何か行いが悪い事をすると、ちゃんと叱って正しい方向へ直そうとする。…ただ、それが嫌だという人も善逸のように居るのだ。
神崎 アオイ
…分かりました。ですが、本当にちゃんと言っておいてくださいね
俺が妥協案を言うと引き下がってくれた。
我妻 善逸
はぁあ…助かったぁ…ありがとね、遼
大きな溜め息を吐き出す善逸。ずっと掴んでいた俺の着物の裾から手を離し、目を合わせてお礼を言ってくる。
獏良 遼
何言ってんだ?俺は別に叱る所まで嘘とは言ってないぞ?
我妻 善逸
えっ……?
獏良 遼
そんなに目をうるうるさせんな…

っていうか、伊之助はどこいったんだよ
…ダメだ、俺多分後輩のこういうの(甘え)に弱い奴だ…。

そして、先程から見当たらない伊之助の場所を善逸に聞く。
我妻 善逸
あぁ、伊之助なら山にどんぐり拾いに行って来るって行って走ってったよ?
獏良 遼
あいつ…そこで怪我増やしたら俺がまたしのぶに怒られんだろうが…
竈門 炭治郎
え?何でしのぶさんに怒られるんです?
獏良 遼
お前らと話してるの見られたら、世話役任せられたんだよ。つっても、全集中 常中を会得するまでって期限付きの筈だったんだが…いつの間にかな
以前、この3人と崩れた口調になっている所を見られていたらしく、しのぶに話しかけられた
胡蝶 しのぶ
ねぇ、遼。あんなに仲が良くなったならあの3人の世話役をお願い出来ない?
と、断れないあの笑顔で言われたので妥協案を何とか提案するも、結局その後も面倒を見ている自分が居るのが悔しい…しのぶの思い通りにされてる気分が拭えない。
我妻 善逸
何かしのぶさんが笑顔で起こるのが容易に想像出来すぎて怖いんだけど…
獏良 遼
それを真っ正面でやられて泣かない俺褒めて欲しいくらいなんだけどな
数日前、怪我が治りかけの時に伊之助と善逸が小競り合いを起こし、互いにやり返そうとした時にたまたま傷の部分を殴ってしまい傷口を広げてしまった事があった。…その時に
胡蝶 しのぶ
…遼?面倒見るのを了承したの、貴方よね?
効果音でも付きそうな程に怒りを表し、面倒を増やすなって言う笑顔をしながら話され、頷く事しか出来なかった。…あん時のしのぶ、超怖かった…
嘴平 伊之助
猪突猛進、猪突猛進!!
怒りを含んだ笑顔を思い出し身震いしていると、少し遠くから聞き覚えのある声が近付いてきた。
獏良 遼
うおっ!伊之助止まれえ!
それが止まる様子なく此方に突っ込んで来るので、止まれと叫ぶも全く聞いていないようだった。
我妻 善逸
ぐえぇえっ!
俺と善逸でその突進を腹に喰らい、思い切り尻もちをつく
竈門 炭治郎
だ、大丈夫かっ…?
それを少し離れていた為に受けなかった炭治郎が心配そうに声をかけてくれた。
獏良 遼
俺は大丈夫だけど…
俺は立ち上がり着物についた砂を手で払う。
嘴平 伊之助
あ?紋逸なんで倒れてんだ?
我妻 善逸
お前がぶつかってきたからだよ!傷開きかけたわ!つか、帰ってくるなら静かに帰って来いよ!
半ギレで反論する善逸。うん…今のは善逸が正しいと思うわ…
嘴平 伊之助
俺は常に猪突猛進だぜ!
竈門 炭治郎
伊之助、山から帰ってきたならまず手を洗わないと!
我妻 善逸
炭治郎も炭治郎でなんでちょっとずれてんの!?俺の事心配してよ、少しは!
獏良 遼
はははっ!
絶妙にズレたこの会話画どうにも面白くつい笑ってしまう。


結局、立ち上がった善逸にも特に怪我は無く、傷も開いてはいなかった。と言うか、3人とも怪我はほぼ完治しており、機能回復訓練と共に全集中 常中を会得しているから、こんな尻もちで怪我が開くはずは無いんだけどな。


━━━━━━━━━━━━━━━
サク
皆さんどうも、サクです
サク
かまぼこ隊登場!そしてここからガッツリ戦闘になっていきます。あの絶妙にズレた会話好きなんですけど、いざ小説書くと再現しずらいですね…すみませんm(_ _)m
サク
あ、それと本当にネタバレ注意です!マジで出てきます!特に鬼側!上弦出てきます!
鬼殺隊側で言うと、型のネタバレですかね。
アニメで映像見たい!という方や、
単行本で漫画見たい!という方はこの先見るのはオススメしません。
サク
そしてキャラ崩壊も注意です!ぶっちゃけて言うとこの先柱が出てくるのですが、数名小説上でとう書いたらいいか分からないキャラが居たので…若干自分なりになってしまうと思います
サク
という事で、今回はこの辺で
バイバイ~