プリ小説

第9話

ユンギの過去Part2
大統領
まぁ、そういう事だから。
あなたは貰ってく。
大統領秘書
ちょっと!勝手に話進めないで!
大統領
いや、こいつが悪い。
そう言って、俺を突き出してきた。
大統領秘書
この子が何をしたって言うの?!
大統領
こいつは、秘密の研究を覗いてしまったんだ!
大統領秘書
秘密の研究?!
馬鹿じゃないの?!
大統領
この研究が成功すればこの国は絶対安定するんだ!
大統領秘書
その研究とこの子達どっちが大切なの?!
大統領
研究に決まってるだろ!
大統領秘書
こんな人だとは思わなかったわ!
別れましょ。
大統領秘書
あなたはお父さんの方へ行きなさい。
you
you
え__?
やだ。オッパと離れるのやだ!
ミン・ユンギ
ミン・ユンギ
あなた…。
大統領
ほら!来なさい!
you
you
うわぁぁん!!泣
大統領
泣くな!
you
you
オッパァァァ!!泣
ミン・ユンギ
ミン・ユンギ
あなた…!
大統領秘書
ほら、ユンギいくわよ。
こうして、俺達家族はバラバラになったんだ。
母さんは秘書も辞めて。
あれから10年がたったある日のことだった。

いきなり、ゾンビの目撃情報が相次いだ。

当時、新聞記者だった俺はゾンビが発生したと思われる研究所に足を運んだ。

そこは、

《新開発ウイルス研究所》

だったんだ。
🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗🙌🏻💗
作者
作者
ユンギの過去少し長くなりそうですね…

お付き合い下さい🙇‍♂️🙇‍♂️

では!안녕‧✧̣̇‧
NEXT🧟‍♂️

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

timi
timi
すんごく🐢です。 暇な時に書いてるのでつまんないと思われます(( ‪❤︎─────────────────‪❤︎ BTS:お餅くんよりall TWICE:ナヨンよりall fromis_9:ハヨンよりall