無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

【北斗sid】


なんで…あなたあんなやつだったか?
なんか半信半疑な俺がここにいる。

嘘だろうと思ってたのに本気に思っちゃってること気持ちが抑えられない。

信じてた俺が馬鹿だったのかもしれない。










【慎太郎sid】


なんでだかわからないけど今だけは自信を持って嘘だとは言えない。
信じちゃいけないのはわかってても音声まであると信じてしまう…

はあ。この気持ちは何なんだろう
あなたにどんな顔であったらいいのか





【ジェシーsid】

俺はあいつを信じる。
前に友達の岩本がちょろっとそんな話をしてたような気がした。
照とあなたはバカレアのときから仲良かったからなんか知ってるのかもしれない。

とにかくあいつを信じてやることが今できること。
他の奴らがどう思ってもおれはあなたを信じるぜ





【樹sid】

信じてやりたいけど、証拠になるものがあるってのは強い。
これがもしホントで俺らから遊ばれてたのならバカバカしくてきっとそれを言われたとき俺の反応は酷いだろうから今のうちから信じておいたほうがいいのかもしれない






【優吾sid】

絶対に嘘だ。何があってもあなたを信じ続ける。意見が別れても一人でもおれはあなたを信じる。

なぜかって俺はあなたにばっか助けられてた。後輩のくせになぜか先輩っぽいしそんなあいつに日々勇気づけられてたし。
最後まで守るぜ





_______________________
(作者笑)

なんだか不思議な展開になっちゃったけど…

メンバーは意見が別れましたねえ

さあこのあとどうなるんでしょうか