無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14
よし!準備できたら車乗って!
大我
はーい
北斗
あなたいくぞ(^^)
あなた
こーちー!携帯持った?
優吾
持った!
ジェシー
あ、携帯AHAHAHA!!
慎太郎
うるさいっわよ笑笑
わよ笑笑笑
全員乗ったー?
ジェシー
うえーい
あなた
忘れ物ない??
SixTONES
ないぜ!!
なんかあなたと俺の反応違いすぎない?笑笑
大我
いや、ふつーに差別するよね
あなたと樹なら笑
北斗
されてもしょうがないよ笑笑
もう出発しまーす
慎太郎
あっいじけたいじけた笑笑笑
優吾
俺さあ、寝るわ
大我
もー寝る体制だったもんね
優吾
(-_-)zzz
北斗
ねたな。
慎太郎
もう置いてこ。こーちはずっと車の中!笑笑
ジェシー
いいんじゃない?笑笑笑
あなた
うんいいよ笑笑
優吾
おいあなた!
だめっていうところだろそこは笑笑笑
こーちまってたの?その言葉笑
優吾
うん笑笑
あなたならいってくれんのかと笑
大我
ねーあなたー今日一緒に寝よーぜ
あなた
あーいいよ
どっちの部屋?
大我
俺の部屋いま汚いからあなたの部屋で
あなた
はーい
てかみんな部屋きれいにしてるのー?笑笑
慎太郎
部屋紹介っきり掃除してやせん
ジェシー
おれは安定にきれいだぜ
全く掃除してない
優吾
こんどみんなの部屋をあなたが掃除するってどお?
北斗
あなたきれい好きだしな
案の定あなたの部屋はめちゃきれいだし
あなた
いいよ?みんながいいなら
1日で全員の部屋きれいにしてあげる
大我
でもいつやるの?
暇なくない?
あなた
今日帰ったらやる
今日帰り遅いよ?
あなた
30分もあればできるよ
みんなはお風呂はいってて
慎太郎
おう!期待してる笑
えーまって話すごいずれたごめんなさい笑笑