無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

作戦!
ジェシー
あ!慎太郎!!!!
大我
ん?なんか声がする
北斗
ジェシー!こっち!
ジェシー
え?なに?
北斗
こっちだってば!
ジェシー
ああ
もしもし、じゅりです

今ここから慎太郎が見えるの
あれは何?鉄パイプ?
ジェシー
もしもしこちらジェシー
.........
北斗
なんもないならそれ言うなし
ジェシー
一応返答しといた方がいいかなって
大我
あ、なんか女の人がいる
ジェシー
録音とかしとく?
確かにいいかもそれ
スタッフ
じゃあ私するわ
優吾
あ、待ってあなたから電話
優吾
一旦抜けるわ
大我
えなんで?あなたもグルで電話すればいいじゃん
北斗
そーだね確かに
あなた
もしもし?あなただけど
優吾
もしもし
大我
どしたー
あなた
家電にかかってきたの
北斗
今度はなんだって?
あなた
慎太郎が喋ったの
えっ。なんだって?
あなた
私のためにSixTONES辞めるからもう助けなくていいよって
優吾
は?
あいつ嘘の付き方下手かよ
ジェシー
それな笑
OKあなた
大我
どーゆー事だか分かるねみんな
あなた
いま、雨もやんだみたいだしちょうどいい感じかもね
北斗
じゃあ、行きますか
優吾
おっしゃ、あなたきるね、
あなた
よろしくね、みんな



その時
慎太郎
銃なんか持って危ないなあー!
そのパイプで何するの!?!?
ナイス慎太郎
北斗
相手は銃とパイプでしょ?
ナイフとかも持ってるかもしれない
スタッフ
私が言った方がいいかな?自然体だし
ジェシー
そーかもね
たまたまここ通り掛かったみたいな
大我
よろしく
スタッフ
おっけ
タイミングは俺らが見て何とかするから長めにね
スタッフ
了解