無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

🎁
慎太郎
あそこの店!
樹
え!?あの店!?
大我
高級ブランドじゃん
慎太郎
あなたがずっと欲しいって言ってた香水と化粧品なの!
本当はBABY産まれたら買いにこようねって言ってたんだけどしょっぴに相談したら人気だからすぐなくなるって言うから予約しちゃった
樹
流石しょっぴ。わかってるわ
ジェシー
あ~!!!!
だから今日トイレ行こうとしてたんだ
北斗
それめっちゃ関係ない
ジェシー
え、ない?
優吾
ねーよ笑
大我
笑笑笑笑
慎太郎
んじゃ、ちょっくら行ってくるわ
スタッフ
気をつけてよー
優吾
あなたに電話していい?
スタッフ
さっき一応連絡はしてるんだけど、繋がらなかった
樹
お風呂かな?
スタッフ
どーだろ
優吾
かけるねー
📞
………
優吾
出ないや
ジェシー
お風呂中か
大我
あなたお風呂は優雅にはいる人だからね
北斗
謎にめっちゃ長いよね
樹
あと子供とは入るけど慎太郎とは入らない笑
大我
こないだ慎太郎がお風呂入ろーよーって言ってたの聞こえたから盗み聞きしてたんだけどさ
優吾
なんだって?あなた
大我
馬鹿じゃないの!私とじゃなくて子供たち入れてよ!2人で入ったらなおとおとはどーするのよ!って怒られてた笑
ジェシー
その後あいつ頭おかしくなったのか、俺にお風呂誘ってきたの笑
樹
やーば笑
慎太郎
たっだっいっまっ
スタッフ
おかえり
大我
そんなに大きいの?化粧品と香水じゃなかった?
慎太郎
心配かけちゃったからみんなにもいつも俺が使ってる超オススメの化粧水と、あなたには最近寒いからコートとブランケット買った!
スタッフ
いや、なんていいパパ。
ジェシー
さすが3児のパパ
慎太郎
ちょ、みんな!
大我
なに
北斗
ありがとう言って欲しいって笑
慎太郎
( ˆᴗˆ )
SixTONES
ありがとう!!


帰宅
慎太郎
ただいまー!あなた!
大我
電話かけても出なかったから多分お風呂
あ、樹は個人の家に帰りました〜
北斗はこっちに来ました!
ジェシー
まだ風呂?
慎太郎
ほんとだ、お風呂入ってる笑
優吾
優雅なだけあって静かだね笑
北斗
たまにクラシック流れてるよね笑
慎太郎
あーあるある笑
ジェシー
俺まで心が北海道牧場ぐらい広くなりそうだよ
北斗
ジェシーお前北海道の牧場の広さ知ってんのかよ笑
ジェシー
え、東京ドーム1万2千個分
慎太郎
広すぎんだろ!笑
大我
1万2千個やばい笑笑笑笑
優吾
あなた出てきたら気まずいかr
ドーン(あなたがお風呂のドアを開ける)
あなた
きゃああああああああああああぁぁぁ
SixTONES
-樹、北斗)
わぁあああああああああぁぁぁ

30分後…
あなた
なんで入ってること知っててあんなとこにいたの!
大我
ごめん!除くつもりは全然なかったはず!
あなた
はずってなに!はずって!
ジェシー
慎太郎は少しあったって
慎太郎
え!?ちゃ、おいジェシー!
全然ないって!笑
北斗
ごめんよあなたもしろん見ちゃいけないって言う精神はあった。けどやっぱりいざ目の前に女の裸があったら見るよね。うん。ごめん。
あなた
北斗!何ふざけたこと言ってんの!奥さんいるんだから!
北斗
はい、すいません。
あなた
家帰んなくていいの?
北斗
(おっ、急に優しい)
家の鍵忘れたんで家入れなかったっす。
今ピンポンとか押したら嫁に怒られるんで。
あなた
私から明日言っとくね、うちの旦那のためにわざわざあんな時間に出てくれたんだって
慎太郎
あなた!それでね!このことはほんとに悪かったと思ってるんだけど、あなたずっと欲しいって言ってたものあるでしょ?なんだっけ?
あなた
○○○ブランドの化粧品と香水?
慎太郎
そう!
あなた
けどもう9ヶ月だから産まれてからってなってる
慎太郎
だけどね、しょっぴが人気だからすぐ売れきれるよって言ったからその場で予約して、なるべく遅めが良かったから受け取り最終日まで粘って今日、受け取ってきました!!
慎太郎
そしたら、しょっぴの言う通り、俺の予約が最後でもうないやつだったの!
それと、今日のことで、最近寒いからコートとブランケット買ってみた!
あなたの好きなカフェオレ色の!
あなた
え~😭もう嬉しすぎる。慎太郎ありがとう😭😭