無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

まわる嘘。

次の日。

案の定、私が鳳さんに詰め寄ったことが知れ渡っていた。



私が教室に入るとクラスのみんなはヒソヒソと話す。






『やっぱりいろはは、あんな子なんだね。』

『関わりたくないねぇ。私まで疑われそう。』

『私、あの子嫌いなんだよね。』

『私も〜!』

『やっぱり、菫の言うとおりだね〜』



すべて聞こえてるのに。

_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
はぁ…
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
ふふっ。おはよう?
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
…おはよう。
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
浮かない顔してるじゃない?
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
………
たちが悪い。

これで委員長なのがとても腹立たしい。

まぁ、でも。

愛那ちゃんがどう動くのかな





ほら、来たよ。

愛那ちゃんが。

ガラッ
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
あ!おはよう!愛那!
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
…おはよう、菫
愛那は、サッと自分の席につく。

いつもと様子がおかしいことは鳳さんにだってわかるだろう。
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
どうしたの?愛那?
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
今日は元気ないね?
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
え…あ……
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
うん……
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
何かあったの?
きっと愛那ちゃんは今、鳳さんのすべてを疑っているだろう。

挨拶の笑顔も嘘。

心配する仕草も嘘。









さぁどうなるんだろう。

_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
ねぇ。菫、放課後ちょっといい?
_鳳@おおとり_ _菫@すみれ_
おおとり すみれ
え、いいよ
鳳さんの瞳の光が一段暗くなったように見えた。



多分もう、鳳さんのグループに愛那ちゃんが戻れることはないだろう。


愛那ちゃんは私の方に近づいてきた。

_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
ね、いろはちゃん。
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
ん?
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
放課後に優華ちゃんといろはちゃんも来てよ。
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
なんで?
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
確かめたいから
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
ふーん?
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
いいよ
場所は?
_咲良@さくら_ _愛那@えな_
咲良さくら 愛那えな
屋上。
_水巳@みずみ_ いろは
水巳みずみ いろは
分かった。優華にも伝えとく。








このときはまだその屋上が大波乱の場になることを知らなかった。








next⇉