無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さん




プルルルルル📞



先輩
もしもし、ABCヘアサロンです、
先輩
…あ、いつもお世話になってますー






あなたside
















私は何度もオーディションに落ちてしまったけれど




















先輩のおかげで今、美容室で働いている
























まだ、お手伝いみたいな感じだけど






























もうすぐ、美容師さんとしてデビューさせてもらえることになって、































そんなとき、
















この電話が来た








先輩
えーっと…
先輩
今からですか…
先輩
んー、新人でもいいですか?
先輩
私、今手が空いてなくて…
先輩
あ、ありがとうございます!
先輩
すぐに行かせます!
先輩
失礼しまーす




ガチャ☎


あなた

せんぱーい、なんでしたか??

先輩
あなた、今すぐ荷物まとめて
あなた

へ?

先輩
デビューだよ!
あなた

え?どういうことですか??

先輩
いつも来てくれてるお客さんなんだけど、今忙しいからさ、あなた行ってくれない??
先輩
デビューを見てあげられなくてごめんね💦
あなた

え!?行くってどういうことですか…

先輩
んーと、行けばわかる!
先輩
さあ早く!!
あなた

…はいっ!


















わけもわからず


































とにかく準備をして、道具をそろえて



























先輩に言われた場所へ向かった










🚪コンコン



あなた

失礼します…

???
あ、こんにちは!
???
ABCのひとかな??
あなた

はい!

竹内涼真
竹内涼真
竹内涼真です
あなた

……え?

あなた

りょーま…?

竹内涼真
竹内涼真
はい……?
あなた

小学校で一緒だった、あなたですけど、、

あなた

覚えてるわけ…ないですよね笑笑

竹内涼真
竹内涼真
えっ!!
竹内涼真
竹内涼真
あなた!?
竹内涼真
竹内涼真
覚えてるに決まってるじゃん!!
あなた

え!忘れられてるかと…

竹内涼真
竹内涼真
忘れるわけないじゃん笑笑
竹内涼真
竹内涼真
久しぶりだな😊
あなた

久しぶり。

























幼なじみとの再会の日は



















































思っていたよりすぐにやってきました