無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

人格の過去ールナ編ー「性格」
車に、父と母が来た。
父
帰ってきたよー!
優しい父・・・望んでいたはずなのに、悲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家に着いた。
脳内
マルナ
マルナ
ナナ様は、私が街で倒れていたところを助けてくれた、ヒロインなんですわよ!
ルナ
ルナ
そうなの?
そういえば、人格って、過去、あるのかな?
あなた

みんなは、過去あるの?

ルナ
ルナ
私は・・・確か、月の次期女神だったけど、明るくて月の女神に相応しくない性格が理由で、次期女神を妹のルルにされて・・・気づいたら、ここにいた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルナの過去
ルナ
お母さん!今日ね、私の絵がコンクールで優勝したんだ!
ルナ母
そうなの。
ルナ母
“月の女神のこの家に生まれた長女には「ルナ」、長男には「アリ」という名前をつけなさい。そして、その子を次の月の女神にしなさい。”
これは今回、できないかもね。
ルナ
何で?私は、月の女神になれないの?私、月の魔法練習してくる!
ルナ母
理由は、自分で考えなさいよー!
月の泉
ルナ
ふっ、ハァ!
きらりん✨
ルル
お姉様、この光魔法は、体がブレるのはいけないですよ。
ルナ
ふぅ、ハァァ!
ルル
そうですわ!
きんきらきん✨✨
ルル
上手ですわ!次は、月魔法にチャレンジです。これができたら女神になれますよ!
ルナ母
ダメッ!!!
ルナ母
貴方の性格は明るいから、月の女神にはなれない!ルルがなりなさい!
ルル
ありがとうございます!
ルナ母
じゃあ、ルナはバイバイだね。次期女神が決まると、姉妹兄弟はバイバイしなきゃいけないの。バイバイ👋
ルナ
えっ・・・
その時、悲しみに包まれた。「フレンドリーじゃダメなんだ」「私は要らないんだ」追い詰められる。
ルナ
(泣)
ルナ母
行きなさい!
月の世界じゃ当たり前。でも私は辛かった。だから、地球の友達、今でも仲のいいあの子のところに行った。
(なまえ)友達
あなた友達
どうしたの?
ルナ
(泣)お母さん達とバイバイしたの。
あなた友達母
どうしたの?若葉あなた友達?誰と話してるの?
(なまえ)友達
あなた友達
お友達の、ルナが、ここに来たの!
ルナ
お母さんには見えないだろうね。私は、家族と子供と霊感ある人にしか見えないから!
(なまえ)友達
あなた友達
何で?
ルナ
私、月の女神の娘だから。
ルナ
でも、迷惑だね、帰るよ。
ガチャ
悲しい・・・
神様
神様
私は神様。この辺りに住んでいる、皆川あなたという人のところに行くのだ。さあ、一緒に行こう。
ルナ
名前は?
神様
神様
神川りん。本当は、「リンクマイハート・アイコンピュータ・ゴットプリンセス」っていう名前。
そう言われ私は人格になった。