無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2021/06/09

第2話

私は歩く。この道を。

ビルの光はまるで私を照らしているみたいに。

街灯の光はまるで私の背中を押しているみたいに。

私は歩く。

その先に望むものがなかったとしても。

私は歩く。

歩く。

歩く。

月に照らされた海はまるで私の心みたいに。