無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

YOUside



「あの2人今日も一緒にいる」

「付き合ってるのかなー?」

「お似合いだよね」



そんな声が聞こえてくる




私と阿部は今廊下で話してるんだけども


みんなが想像している私たちの話してる内容はこんな感じ?







亮「今日一緒に帰れる?」

『あー今日は生徒会の集まりがあって...』


亮「じゃあ待ってるよ」

『え!遅くなりそうだからいいよ!』

亮「少しでも一緒にいたいから待ってる(イケボ)」






...



ごめんね期待に応えられない


実際のところは





亮「今日の生徒会の資料まとめやっといてよ」


『はあ?自分でやってよ!』


亮「バラされてもいいんだったらやるけど←」




『そうやって人の弱点狙ってくるのダメだと思う!』

亮「お互いの前では素でいるって言い出したのあなたじゃん!」





...

なんて言い争っております←






こんなことになるんだったら


ちゃんと着替えてからコンビニ行けばよかった















『わかったよやればいいんでしょ!』



亮「神だねやっぱやさしーねあなた」



『あたりまえでしょ!』















なんつって話しながら


素でいられるのって楽だなとか思って

阿部と話してるのが少し楽しいと思ってしまった自分を


誰か殴ってください))








あ、そういえば阿部って呼ぶことにしたんです



亮平くんっていう呼び方はあの人には似合わなすぎるから!!!