無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

95
2020/06/06

第2話

遊園地デート ①
あなた

…まだかなぁ 。

今日は久しぶりのデート 。

お互いに忙しくて動画に出れるのが少なくなって、会うのも久しぶり。
ビデオ通話やメッセージは毎日してるけどね、
ショーウィンドウに映る自分を見る
髪は跳ねてないかな 、
服、やっぱり変じゃないかな 。
膝丈のチェック柄フレアワンピース
デニムジャケットを羽織って
黒い小さなバックを合わせてみる 。
あなた

…うん、似合ってる。

大丈夫、ぺけくんに気に入ってもらえるはず 。


「 あなた 。 」
私の大好きな声が聞こえた 。
その声の方へ振り向くと、
あなた

ぺけくん !
久しぶり !!

大好きな彼がいた
髪も私好みの髪型で、
服装も大好きな服。
ぺけ
おまたせ。
待たせてごめんね?
あなた

んーん。
早く来すぎちゃった笑

ぺけ
そっか 笑
いこっか?
あなた

うん!

彼が伸ばしてくれた大きな手を
そっと大事にするように包む 。
電車に乗って 、
何気ない話をする。
混んでいる車内で、
壁と自分を挟んで私を守ってくれるように
立っていてくれてるのも好き。
ぺけ
大丈夫?しんどくない??
あなた

うん、大丈夫だよ。
ぺ………くんは?笑

彼も私も有名人だから、
外ではお互いの名前はださないようにしてる。
ぺけ
フフッ、笑
可愛いね笑


ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ぺけ
あなた、次だよ。
あなた

うんっ、!