無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

28
ソニside
ソニ
ソニ
はぁ?
ソニ
ソニ
私が生きる?
ソニ
ソニ
もうむ…
ユンギ
ユンギ
無理じゃねぇだろ
ユンギ
ユンギ
ちゃんと、生きてくれよ…
ソニ
ソニ
ッ…
ナム
ナム
おいっ
ホソク
ホソク
なにやってるんだよ
ジン
ジン
よいっしょ、ナイフ貸してね
ソニ
ソニ
ッ…
テテ
テテ
ねぇ、ソニちゃん
テテ
テテ
ちゃんと生きて?
いつも、5歳児のテヒョンオッパが
真剣な目で話している
私はハッとした、あの顔がどこかで…
昔のことを
私の家は貧乏でお母さんは交通事故で死んでしまった
父から暴力をうけていた
学校でもいじめにうけていた
女子1
ほんと、ソニって同じ服いつも着てるよねぇ
女子2
それな
女子1
地味に、可愛いからムカつくんだよね
女子2
いじめちゃう?
女子1
おお!いいね!
男子2
何話してんの?
女子2
あいつソニをいじめようか考えてる
男子1
俺らもやりてぇ
女子1
別にいいけど
こんな、話を大きな声でして
これから酷いことが起きるって知ってるのになんにも出来なくて
「助けて…」
なんて、言えなくて
1人悲しんでる時に
助けてくれたのは













゛テヒョンオッパ ゛だった