プリ小説

第7話

怖い視線
(状況が理解できない‼まず、私が女の先輩を諦めさせるために


結城先輩の恋人役になって...)


キーンコーンカーンコーン コーンキーンカーンコーン


「あ!大変!戻らなきゃ💦授業がっ💦」


瑠依は急いで教室に戻ると色んな意味で皆の視線を集めていた。


(まぁ、そうなるよね...)


瑠依は肩身狭い思いをしながら50分の授業を終えた。


「ちょっとー!瑠依‼彼女ってどゆこと?!?!」


授業が終わるなり美紀と愛が駆けつけてきた。


「んー。いやー...彼女って言うか.....」


瑠依が濁すように言うと美紀は困った顔をしながら


「どっちなの??」


と、聞いてきた。


「ごめん...黙ってたけど...」
















いきなりですが主です。

最近キャラが濃い奏多を上手く使いこなせていません💧

読み辛いかもしれませんがこれからもよろしくお願いします🙇⤵

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓やますず🍆
🍓やますず🍆
💗Ouvrez-le💗 🍓SJCのとびっこ 🍓FC会員 🍓神担~山田くん 🍆担当~雄也       🍑副担~知念ちゃん 🍓同担大歓迎💕  ((もちろん他担も大歓迎✨ 🍓タメ尾っ慧👌 🍓ちびーず信者🍓🍑🍊 濃ゆく絡みたいです💗 トークとか大歓迎➰ 1日一回はプリ画像開くヨ(σ・ω・)σ((高浮上 509%フォロバ!!! ((相互フォロー希望です 三日たってもフォロバ来なかったら外すかも... 💗かなり山田くんよりのオール担💗 最近雄也も推してます😆 メンバーの呼び方独特かもしれないです>< 不快でしたら言っていただけると助かります! ♥赤色のイチゴ王子🍓に         恋をした♥ 軽く頭おかしいのでよろしくお願いします((何が 何かライン開けない... ((どうでも良い ここまで見てくれてありがとう✨ 💗Fermer💗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る