無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,824
2020/01/11

第46話

太宰兄妹事変-其ノ壱
現在、探偵社は深刻な状況にある。


その原因は、そう、太宰兄妹だ。
You
You
···
太宰 治
太宰 治
···
お互いが全く口をきかず沈黙を保っており、周りの社員もどうしたらいいのか分からず、ただ見守ることしか出来ない。
ナオミ
ナオミ
あなたお姉様達、どうしたんでしょう···?(小声)
国木田 独歩
国木田 独歩
分からん。だがこの状況で俺たちにできることは無い···!(小声)
谷崎 潤一郎
谷崎 潤一郎
お二人共、凄く不機嫌そうな表情ですもんね···(小声)
中島 敦
中島 敦
この状況が怖いんですけど···!?(小声)

(なんで僕達ここで隠れてみてるんだ···!?)
与謝野 晶子
与謝野 晶子
というかこの空気、やばいね。
お互いの殺意が凄まじいよ(小声)
中島 敦
中島 敦
ぼ、僕達どうしたらいいんでしょう···?(小声)
江戸川 乱歩
江戸川 乱歩
はあ、面倒なことになったな···(小声)
谷崎 潤一郎
谷崎 潤一郎
だ、誰か声をかけた方がいいのかな···?(小声)
国木田 独歩
国木田 独歩
だがッ、そんなこと出来る奴、どこにも···
社員たちは植物の陰に隠れてヒソヒソと話を始めている。
宮沢賢治
宮沢賢治
お二人共〜?
どうしたんですか〜?
国木田 独歩
国木田 独歩
出たッ、賢治の天然ッ···
その中でただ1人、空気を読むということを全く考えない或る意味最強の賢治が、声をかける。
太宰 治
太宰 治
賢治君、ほっといてくれ給え。
私は今、あなたと話などしたくないのだよ
You
You
私だって治と話したくないの
ナオミ
ナオミ
ど、どうしたんでしょう···
喧嘩でもなさったのかしら···
宮沢賢治
宮沢賢治
お二人共、どうしてそんなに嫌がっているんです?
太宰 治
太宰 治
だってぇ、あなたがぁ···
You
You
だってそれは治が···
宮沢賢治
宮沢賢治
なるほど···
それは困りましたね
要約すると、

太宰

「あなたがね、最近道端で美しき美女に心中の誘いをするのをやめろと言ってくるのだよ」

あなた

「だって、治。私と一緒に死ぬって言ったのよ?なのに他の人と死のうとするなんでおかしいじゃない」
という言い分である
国木田 独歩
国木田 独歩
はぁ、もうこのままでは仕事にならん。
太宰!仕事に行くぞ!
今日の探偵社には、重要な仕事があった。

最近裏社会にでてきた奴らの居場所をつきとめることだった。
太宰 治
太宰 治
はぁ、仕方ないなぁ···
国木田 独歩
国木田 独歩
仕方ないじゃない!
さっさと行くぞ!
こうして二人は任務へと出かけたのだった。