無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち
私の名前はあなた


18歳
私の家は貧乏で
テレビもないし
お父さんも出ていった
学校ではいじめられ
優しかったお母さんも変わり果ててゆき


虐待されるわ、追い出され
可哀想な人生を送ってきたのです
そして今日、お母さんまで家を出ていきました
はあ…一人暮らしか…
寂しさもあるけれど


少し気が楽になったかもしれない
なんだか喉乾いたな
コンビニでも行こうかな
でもお金が300円しか無い
でもいいや、一応行こう
スタスタスタ…
家から5分程のところにある
コンビニに着いた
家 と言ってもボロボロで
家 とは言えない 家 だ
チャチャチャチャチャチャーチャチャチャチャチャ♪
コンビニの入店音が流れた
どれにしよう
安いやつにした方がいいかな
んーと…お茶でいいや 割引だし
スッ…レジにいる店員に商品を差し出した


ピピッ
店員
100円でございます
ワサワサ…
私はスッと100円を差し出した
店員
ありがとうございましたー
店員
またのご来店お待ちしております
スタスタスタ
はぁ…はぁ…
コンビニを出た
あなた

はぁ…帰る所もろくに無いしな…

おもわず独り言を言ってしまった
あれ、あそこに誰かいる…
誰だろう…あの男の人…
1人なのかな…ずっとこっちを見てる
なんだか、かっこいいな…
ずっとこっちを見られたら
恥ずかしいよ…
日本人…じゃなさそうだな…
いくらテレビをみてなくて貧乏でも
日本人と外国人の区別くらいつく
あれ、あの男の人こっちに向かって
手 振ってる…?
あれ、気のせいかな?