無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第十五話


え、、



今、






SHOくんに、







壁ドンされてる…!?
あなた

本当に、、SHOくん、なんですか…

SHO
SHO
え、うん。そうだけど…?
いや、「そうだけど…?」って。


何簡単に言っちゃってんの。




だけど、この清涼感のあるイケボは、
SHOくんのものに違いなかった。


あなた

私…!
昔からずっと、、SHOくんのファンで…!
ほんとにっグスッ嬉しくて、、

SHO
SHO
え、嘘!?
三条さんが!?俺のファン!?
あなた

はい、、



信じていなさそうなSHOくんに、
ケータイの待ち受けを見せる。
SHO
SHO
え、ほんとだ!俺だ!
…凄い、、まさかファンだったなんて…!
あなた

ほんとに、、SHOくんなんですね、、グスッ


あまりの驚きと感動で泣き崩れる私を、
さっとSHOくんが支える。
SHO
SHO
おっと、、大丈夫?
…で、なんだけど…
告白の返事、、聞かせてもらってもいい、?


え?


ついに耳がおかしくなったのか、、?





でも、さっき確かに告白されたような気がする。













真剣な瞳に見つめられ、顔が一気に熱を帯びるのが分かる。
あなた

えっと…/////
あ、あの、、私なんかで、いいんですか…?

SHO
SHO
もちろん。「私なんか」とか、言わないで。
三条さんがいい。
あなた

へ…///は、はい…分かりました…//

SHO
SHO
やった…!!!
めっちゃ嬉しい!!!あなたって呼んでいい?
あなた

は、はい…!もちろんです…!

SHO
SHO
ねえ、敬語で話さないでよww
あなた

いや、だって、、
SHOくんだから、敬語になっちゃう…

SHO
SHO
ふふ、でも、学校では山下翔、だからね?
あなた

う、うん…分かった…

SHO
SHO
…俺、今からまた仕事行かないといけなくて…
明日も仕事なんだ、、
だから、明後日、放課後、デートしない…?
あなた

ふぇ!?/////
あ、え、えっと、はい!!
お願いします…?

SHO
SHO
っふふ、ありがと。
仕事頑張れそ。

そう言って私の頭に手を置いたあと、屋上を出ていった。







あぁぁぁぁ…!!



夢じゃないよね…!?







本当にあのSHOくんと…








知念侑李
知念侑李
…顔真っ赤だよ。
あなた

…え!?


いつの間にか、裏から知念侑李がひょっこり出てきた。
あなた

お前、、…いつからいたんだよ…!?

知念侑李
知念侑李
…ずっと最初から。
いやー、でも意外だったな…
まさか付き合うなんてね。
あなた

っ…
つーか、他の奴らに絶対言うなよ?

知念侑李
知念侑李
まぁ、そうだね…
言わないでおいてあげよっかな。
あなた

…絶対言うなよ?

知念侑李
知念侑李
あー分かったってば。












─────────────────────
知念侑李
知念侑李
…涼介
山田涼介
山田涼介
んー?
知念侑李
知念侑李
…いいの?三条あなた、取られても。
山田涼介
山田涼介
…は?
知念侑李
知念侑李
早く動かないと、誰かに取られちゃうよ。
…ま、もう手遅れかもね。
山田涼介
山田涼介
は?三条?どういうことだよ?
知念侑李
知念侑李
ボク知らなーい。自分で考えて。
山田涼介
山田涼介
え、訳わかんねーし、、
(もしかして、知念って、三条のこと好きなのか…?だったらなんで俺に言うんだろ…)
知念侑李
知念侑李
(涼介、、全然分かってないっぽい…
はぁ…ったく、、馬鹿は困る。)




















ーーー作者ですーーー
更新亀ですいません😭

今テスト期間中で、、



良かったらなんですけど(唐突)


私の雑談部屋のところで、推しトークするっていうのやってるんです。
ジャニオタの人、ぜひ来てください!