無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

第十八話
山田涼介
山田涼介
───三条あなた、話がある。
あなた

は?…

山田涼介
山田涼介
いいから、ついてこい。


そう言って直ぐに腕を掴まれる。

あなた

は?ちょっ、離せよ!!








ーーーRyosuke sideーーー


連れていこうとするも、必死に抵抗される。




こいつ、、馬鹿力かよ、



あなた

っ…!!
今デートの途中なんだよ!!邪魔すんな!!

山田涼介
山田涼介
…は?デート…?


その言葉にてっきり動揺して、手が緩まる。





俺から逃れて、すぐ隣の男の前に立った三条。

山田涼介
山田涼介
…お前か?三条の彼氏。
はは、こんなやつ彼女にするなんて、頭おかしいんじゃないか?
あなた

SHOのことバカにすんなよ!!

山田涼介
山田涼介
ショウ…?



呼び捨て?こいつが…?





「ショウ」と呼ばれたやつの顔を見る。




俺より高い身長。
色白の整った顔。
SHO
SHO
…あなたは、俺にはもったいないくらいのすごく素敵な女の子だと思う。
俺のことはどう言ってもいいけど、あなたのことそんな風に言わないで。


上からそいつの冷たい視線が降り注ぐ。



なんなんだよ、こいつら…





三条あなたの少し照れた顔が目に入る。




──────そこで、俺の中の何かが切れた。
あなた

っ!!離せって…!!



なぜかわかんないけど、三条とこいつを引き離してやりたい、そう思った。
山田涼介
山田涼介
…!!


ふと強い力で地面になぎ倒される。






びっくりして見上げると_______
SHO
SHO
…俺の彼女に触んな、山田。


さっきまでの冷静な態度とは打って変わった、


冷たい眼差しと低い声。


三条の顔も戸惑っている。




俺が護身術習ってなかったら、きっと死んだだろう。













────────あいつ、一体何者だ…?

















ーーー作者ですーーー

今回ちょっと短くてすみません💦


関係ないんですけど、
JUMPのコンサート行ってきます★((殴