無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
30
2021/08/20

第8話

008


なんだかんだあって ジムでの運動が終了





(なまえ)
あなた
あ、宿舎に送ってくよ?
(なまえ)
あなた
もう、夜遅いし。



そう、テヒョンと話してたらあっという間に夜の9時






テヒョン
テヒョン
ぁあ...ほんとですね
テヒョン
テヒョン
お願いしてもいいですか?
(なまえ)
あなた
うん、いいよ
テヒョン
テヒョン
ヌナこそ宿舎....
(なまえ)
あなた
あ、私?
(なまえ)
あなた
宿舎に住んでないの
テヒョン
テヒョン
え、?
(なまえ)
あなた
色々あって ^^
テヒョン
テヒョン
ッ...そうなんですね
(なまえ)
あなた
行こっか^^
テヒョン
テヒョン
はい....






___ TXT 宿舎










宿舎に着いてからテヒョンの様子がおかしい





(なまえ)
あなた
テヒョン...?
テヒョン
テヒョン
(--;)
(なまえ)
あなた
どうしたn...
テヒョン
テヒョン
すみませんッッッッ!!
(なまえ)
あなた
え?
テヒョン
テヒョン
僕、鍵忘れてきましたァ!!!
(なまえ)
あなた
そう..なのね
(なまえ)
あなた
どうしよう...


ここはマンションで、玄関前の廊下はとても寒い


こんなとこにいたら凍え死ぬよね....




















だから私は勇気をだして言ってみた









(なまえ)
あなた
私の家...くる?





ってね 笑