無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

593
2020/08/19

第22話

"6時に駅の北改札"


その時間に間に合うように、朝からおばあちゃんの家に行って浴衣を貸してもらった

リクエスト通り、色は紫

おばあちゃんに髪を結ってもらい、深紅っぽい色の髪飾りをつけて


「楽しんで来るんよ」


"彼氏さんとな"と囁かれて全力で否定した


5時53分

待ち合わせ場所に着いて、一応メッセージを送る


"着いたよ"


"あとちょっとで着く"


そのメッセージに既読をつけた瞬間

突然、頬をつねられた


『え…誰』


「俺だよ」


『あとちょっとって言ってたじゃん』


「だからちょっとで着いただろ」


『…確かに』


反論できずにそう返すと、平野くんは今まで見たことがないような、ふわっとした笑顔を見せた










「似合ってるよ。かわいい」