無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

813
2020/08/13

第6話

 『...栞...です』


「しおり?」


 『...そうですけど』


「ふーん」


え、なになに?

なんで名前とか急に聞いてくんの?


「てか教科書見せろよ。栞」


は?

名前聞いといてスルー!?

てか…え、今なんて?

栞?

いきなり名前呼び捨てにするとか…

どんだけデリカシーのない奴なの!?


と、平野紫耀の行動に対して思ったことを頭の中でぶつぶつ呟いていると


「なぁ、お前日本語わかんねぇの?早く教科書見せろって」


『…はい』


見せてもらう立場なら普通敬語使うでしょ…