無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

694
2020/08/16

第11話

通学路を2人で歩く


『……。』


「……。」


沈黙。沈黙。沈黙。

どうしよう…気まずい…


「なあ」


『!っはい!?』


「ふはっ(笑)俺がなんか言うたびにびっくりしすぎなんだよ」


『…すみませn』


「なんで敬語使ってんの?同級生だろ?」


『…そうですね。はい』


なんでって

あなたが怖いからに決まってるじゃん


「普通に話せよ」


『はい』


「だから」


『っ…わかった…!』


「何(笑)怖い?(笑)」


『そりゃ…』


"そーでしょ"と言いかけて、その言葉を飲み込んだ

じっとこっちを見つめる平野くんの目が

ものすごく悲しそうだったから

_______________

話ごとに長さがバラバラで申し訳ないです!