無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

675
2020/08/19

第23話

『……へっ?』


「ハハハッ(笑)顔赤くなってんぞ」


不覚にもドキッとしたなんて

絶対言えない


両側に屋台が立ち並ぶ道を2人並んで歩く


「なんか食いたいもんある?」


『わたあめ食べたい』


「ん。わかった。ほら」


突然差し出された手に、どうすればいいのか分からなくて

ただ静止する私


「ほら。迷子になるから」


「ほら。さっさと繋げよ」


ちょっと怖い口調で言われて、私はやっと





平野くんの手に

そっと手を重ねた

_______________

まって一気に進展させすぎたかもしれない…
まあいいや←