無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

.
〜あなたside〜


桐島「おはよぉございまぁす♡」


岩本「おはよう姫華ちゃん」


渡辺「昨日のところ大丈夫?」


桐島「ちょっと痣できちゃいましたぁ...」


まぁ用意周到なこと


これから私は悪者演じさせられます。


あなた「あ、あの...」


阿部「ちょっと黙ってくんない?」


あなた「ごめんなさい、」


桐島「あなたちゃん、2人でお話していいですかぁ...?」


あなた「う、うん...」
























桐島「みんな信じてるんだね」


あなた「えぇ、そうみたいね」


桐島「おもしろww」


あなた「あなたは私をどうしたいの?」


桐島「あんたをやめさせるのよ。」


あなた「どうして?」


桐島「あんたが幸せにならないように」


あなた「...はぁ」


桐島「あんたさ、ちょっともうちょっと近くによってくんない?」


あなた「どうして?」


桐島「いいから」


かかった。


チェックメイト


あなた「はいはい」


桐島「っきゃぁっ!また...酷いよぉっ」


ここで...みんなが外にいれば....!!


阿部「芝居が上手なんですね」


来た。これで...


あなた「ねぇ気づかなかった?」


桐島「な、なんで...」


ラウール「僕達があなたちゃんを裏切るわけないんだよ?」


深澤「俺たちの信頼はそんなに薄っぺらいもんじゃねぇんだよ」


あなた「なめてかかったのが間違いだったようね」


桐島「そうやってあんたはいっつも誰かに守られて...」


あなた「それはあんたが努力してないからでしょ?」


桐島「してるわy...」


あなた「してない」


あなた「あんたの言う努力っていうのはね、甘ったれたもんなの」


あなた「それは、努力じゃないの。人間の生きてい上での必要な事項をこなしてるだけなんだよ」


桐島「な...」


あなた「なんの努力もせんで、人を羨むな」


桐島「でも...あんたと比べられるのがつらくて...」


あなた「あほなん?せやったら私と神崎あなたを比べるなって言えばええのに。」


桐島「言えるわけ...」


あなた「言ったことないのに決めつけるな」


桐島「あんたに...何かしら勝てると思ってた...なのに、顔もスタイルも...性格も行き方まで...負けてるって...」


岩本「そうだよ、負けてるよ」


向井「あなたに勝てる子なんて誰もおらんの」


渡辺「だから、帰ってください...」


宮舘「お願いします」


桐島「...分かったわよ。帰るから」


桐島「その代わr...」


あなた「はい、早く帰って」


桐島「ごめんなさい、失礼しました...」