無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

.
文房具を買い終え、ご飯屋さんに...

ご飯屋さんの前に行くと康二がいた

あなた「あれ、康二どしたの」

向井「いや待っとっただけよ笑」

ラウール「そうなの?ありがと、!」

中に入ると神妙な面持ちで話をしているメンバーたちが

あなた「え、なに」

深澤「いや...席どうしよっかなって」

ラウール「え、え、え、それだけ?」

渡辺「そう」

あなた「えっwちょ、wそれだけでこんな重い空気になる?ww」

岩本「もー笑ほら、早く座りなよ3人とも」

目黒「あ、うん」










この時の重い空気の原因が私であることを私はまだ知らない