無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

.
〜目黒side〜


あなた「よいしょ、」


あなた「さーかーき、」


死ぬほど驚いた


手足を縛られていたはずのあなたが、


足の縄を自分で解いて


立っていた


あなた「榊、こっち見なさい」


榊「んがっ!?」


自由になった足で、回し蹴りをくらわしていた


あなた「わたしに二度と近づかないで。私だけをどうにかするなら構わないけど、翔太くんと蓮にまで迷惑かけたの、言ってる意味分かる?」


榊「は...はい。」


あなた「れーん、手解いて。」


目黒「あ、うん」


かっこいい。


かっこよくて、可愛くて


やっぱり好きだ。


こんな時だけど、好きが増した


やっぱり落とすしかない。