無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

.
あなた「康二ー」

向井「どしたー?」

あなた「今度なんか奢ってよ」

向井「なんでや笑、俺歳上なんやけど」

あなた「私先輩なんだけど...まぁいいや」

深澤「ちなみに俺h...」

あなた「あ、じゃあ化物、なんか奢ってよ」

深澤「なんか飛び火...」

目黒「だめなの?」

佐久間「だめなの?」

阿部「だめなの?」

渡辺「だめなの?」

ラウール「だめなの?」

あなた「...だめ?」

深澤「だめじゃないよ」

あなた「よし、目黒ナイス。じゃあ目黒も一緒に行こう」

深澤「なんでだよ...」

あなた「目黒ーどこ行く?」

目黒「えー...焼肉とか?」

あなた「叙々苑だ叙々苑。」

あなた「深澤。叙々苑連れてって」

深澤「いいけど、お前そんな食ったら太るぞ?」

あなた「大丈夫だよ。深澤みたいにどんどん顔でかくなんないから」

深澤「どーゆー意味だよ笑」

ラウール「僕も行きたい!」

あなた「ラウールはダメだよ。ね?」

目黒「ラウールはダメだよ。多分あなためっちゃ飲むから。何するかわかんないよ笑」

あなた「そういう意味じゃないんですけど笑。まぁ、一理ある」

目黒「てことで、だめ」

ラウール「えーー」






















あなた「てことで...呑もう!食べよう!」

深澤「呑みすぎんなよー?笑」

あなた「私酔ったことないから笑」

目黒「そうだけどさ...」

あなた「いいのいいの。呑むの。あ、深澤。このお肉頼んでいい?」

深澤「はぁ!?たっか!」

あなた「目黒。食べたいよね?」

目黒「食べたい」

あなた「ほらぁ...だめ?」

深澤「そんな顔されると.....しょうがないなぁ」

あなた「やったぁ...!目黒、いっぱい食べよーぜ」

目黒「っしゃぁ!」

あなた「...うわっ...超美味しい...」

あなた「目黒も食べてよ」

目黒「...うわっ...なにこれ...」

あなた「深澤...ありがとう。明日からも頑張ります...」

目黒「ありがとうございます」























あなた「めーぐーろー」

深澤「珍しい...珍しすぎる」

目黒「あなたが酔ってる」

深澤「お開きにするか...目黒さ、あなたと家近かったよね。」

目黒「あっ...はい。言ったことは無いですけど」

深澤「じゃあ、タクシーで途中まで着いてってあげてくれる?今日は俺の奢りだからさ、もう行っていいよ」

目黒「はい、ありがとうございます」

目黒「ほら、もういくよ」

あなた「ん...」

目黒「歩ける?」

あなた「ん...」

目黒「深澤くんご馳走様でした」

あなた「ばいばぁい深澤ー」

深澤「ばいばい」







〜目黒side〜


目黒「タクシー止まってくれたよ」

俺がそう言うと君は今までの行動が嘘のようにシャキッとして

あなた「すいません、運転手さん。やっぱり大丈夫です」

目黒「え?ちょっと...」

あなた「酔ってるなんて嘘ですよー」

君はいたずらっぽく笑った

目黒「はい?」

あなた「ふふ...笑」

目黒「どこ行くの!?」

あなた「もう1件だけ付き合ってよ、ね?」

さっきのいたずらっぽく笑ったのとは全然違った

妖艶な笑みを浮かべた君

俺相当毒されてるみたいだよ?

神崎あなたに