無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

.
〜目黒side〜


翔太くんどこ行ったんだろうって思って


探しに出てみました...


あ、翔太くんの声がすr...


渡辺「今は俺のこと好きじゃなくてもいいから...絶対好きにさせるから...俺と付き合ってください」


あなた「翔太くんは...どうしても私じゃなきゃダメなの?翔太くんすごい素敵な人だから...もっといい人たくさんいるし」


渡辺「あなたは心に決めた人でもいるの?目黒...なの?」


あなた「翔太くん...」


ねぇ、俺...


あなたのそんなに切ない顔初めて見たよ?


あなた「あれ...蓮?」


目黒「えっ、あぁ2人ともこんなとこにいたんだ」


渡辺「今の話聞いてた?」


目黒「全然聞こえなかったです」


あなた「そっか...良かった」


良かったって...そんなに翔太くんとの話聞かれたくなかったんだ


目黒「あ、そうだ、阿部くんがさ...」


あなた「阿部がどうしたの?」


目黒「今日お泊まり会でもしようって」


あなた「...はい?」