無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

.
向井「あなた、大丈夫?」


康二くんがあなたちゃんの肩に触れた瞬間、肩は小さく跳ねた


あなた「あっ...ご、ごめん...」


男の人が怖くなっちゃったのかな


もしそうだった場合、あなたちゃんには申し訳なくなっちゃうけど、試してみる?


ラウール「あなた...ちゃん?」


あなた「ラウ...」


か細い声でそう言って、


僕の顔を見るやいなや


僕の胸板に顔を埋めて泣きだした


深澤「なるほど...?、ラウールなら大丈夫ってことか。」


向井「歳もあるんやろな?」


深澤「まぁ、高校生だから...弟感覚的なあれなんじゃ...?」


少し離れたところでふっかさん達が話してる


めめは、阿部くんと話してて、


しょっぴーは、岩本くんと話してる


あなた「くやしい...」


ラウール「...ん?」


あなた「翔太にあんなことさせちゃったのが...悔しい。私がはっきりしてなかったせいで...」


こんなときにもあなたちゃんは優しくて


僕も悔しいよ?あなたちゃんにそんなこと言わせたくない