無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

.
スタッフチーム
ミッション2
山の中で、いもの棒を食べよ
目黒「え、芋の棒?わかる?」


あなた「心当たりしかない。っていうかめっちゃ好きなやつ」


目黒「あ、まじ?山の中って...」


あなた「ここは私に任せなさい」























あなた「こちら、ポテトチュロスですミステリアスアイランドの中にございまーす、」


目黒「山の中の芋の棒ね!すげぇな、普通に美味そう」


あなた「じゃあ、いただきましょうか」


目黒「おっ、美味い」


あなた「安定の味ですね」


目黒「これいっつも食ってんの?」


あなた「すごい時は3本くらいたべる」


目黒「リピートしたくなる味だもんな」


あなた「本っ当においしいので、みなさん食べてみてください」


目黒「で、また忘れてれるけど」


あなた「B型だけじゃ収拾つかんw。えっと、ミッション2はこれでクリアですか?」


スタッフ「ピンポーン」


めめかみ「いぇーい、」


あなた「ここで、LINEがくると。」


目黒「なんですか?あ、さっきのグループLINEにミッション2クリアしたことを報告してください。だって」


あなた「めっちゃ通知来てたね、笑。気づかなかったわ()」


目黒「康二たちの自撮りめっちゃ面白い笑」


あなた「やばいな、笑」
めめかみ
ミッション2遂行完了ー、
目黒「よし、これで、?」
スタッフチーム
ラストミッション
クリスタルをゲットしに行き、写真撮影せよ
目黒「クリスタル!?」


あなた「これはもう分かりすぎますよね」


目黒「マジでわかんねぇw」