無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

.
ラウール「ねぇ、あなたちゃん?大丈夫だった?」


あなた「っ...」


ラウール「え、何やってんの?」


渡辺「ん?あなたがコケちゃって、ね?」


あなた「う、うん」


ラウール「そっか、そろそろみんな起こす?」


あなた「そうだね」























岩本「んじゃ、ありがとうございました、!」


あなた「はいよー、みんな気をつけてね?」


向井「お母さんみたいなこと言わんといて、笑」


あなた「ごめんごめん、笑、じゃね」


渡辺「じゃ」










ふかざわたつや
ふかざわたつや
あなた、ちょっと話あるんだけど
かんざきあなた
かんざきあなた
話?
ふかざわたつや
ふかざわたつや
話。今後に関わる、とんでもなく大事な話
かんざきあなた
かんざきあなた
まだ家帰ってない?
ふかざわたつや
ふかざわたつや
今お前のマンションの下にいる
かんざきあなた
かんざきあなた
じゃあちょっとまってて
ふかざわたつや
ふかざわたつや
了解





〜深澤side〜








あなた「...何」


深澤「そんな怖い顔すんなよ、」


あなた「してない」


深澤「まぁいいや」


あなた「で、話って、?」


深澤「お前さ、翔太とどんな関係なの?別れたんじゃねぇの?」


あなた「...え?」


深澤「俺聞いちゃったんだよ、昨日の風呂ん時」


そう言うと顔を真っ赤にしたあなた。


深澤「翔太とヤッてたんだろ?」


あなた「...抵抗できなかったの、翔太怖かった」


あなた「ちゃんとね?やめてって言ったんだけど...」


深澤「じゃあ、今日の朝のは?ソファーで2人で抱き合ってさ、」


あなた「あれは...」

















深澤「そっか...翔太があなたのことまだ諦められてないんだ」


あなた「みたいで...でも、キッパリ断っちゃったら、今後普通に仲良くしたいのに、出来なくなっちゃうのかな...って思って」


深澤「...てか、俺もごめん、」


あなた「ん?」


深澤「昨日かなりのセクハラを...笑」


あなた「いや、酔ってたからしょうがないよ」


深澤「結構俺も我慢してんだけどなぁ...(ボソッ」


あなた「ごめん、今なんて?」


深澤「えっ、いやなんでも...」


あなた「..そ、」


深澤「まぁとにかく、なんか困ったことあったら言えよ?」


あなた「うん。ありがと」