無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

.
岩本「おつかれ」


あなた「おつかれ〜」


岩本「にしてもお前すごいな、ほんとに最後までついてくるなんて」


まだ辺りは少し暗い


あなた「私のことナメてた?笑」


岩本「そういうわけじゃないけどさ、笑」


あなた「あ、コンビニで甘いのなんか買ってく?笑」


あっついあっつい なんて言いながらあなたは顔を手で仰ぐ


現在、朝の6時。


ランニング終わりである


岩本「こんな朝から?笑」


あなた「ふーん、要らないんだ」


岩本「そんなこと言ってない笑」


あなた「じゃ、行こ?」


岩本「はいはい笑」


























あなた「ハーゲンダッツがいい」


岩本「え、俺が買うの?」


あなた「お金持ってきてない」


岩本「えー??笑笑」


あなた「ダメ?」


岩本「いいけど笑」


そんな顔で見られたら断れない


どれにしよっかなー


って、


ニコニコしながら選んでる


超可愛い、笑









































あなた「ただいまぁ、」


岩本「ただいま」


佐久間「あ、あなたも照と一緒にランニングしてたんだ。おかえり」


あなた「言ってなかったっけ」


佐久間「うん。聞いてない、笑」


あなた「ごめんごめん。さっくんも食べる?アイス」


佐久間「え、まじ?食べる食べる!」


阿部「おいずるいぞ」


あなた「あ、あべちゃん」


岩本「そう言うと思って全員分買ってきたけど」


あなた「じゃあしょっぴーたち起こしてきますか笑」