無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

.
あなた「まっしま!!!!」



菊池「うわ、あなただ」



あなた「うわ、て何よ、うわって」



神崎です



私たちはでてないけど、ちょっとMUSICDAYの楽屋にお邪魔してます



そう!MUSICDAYといえば、聡ちゃん!



あなた「まぁふーま、そんなことはどうでもいいんだけどさ、まっしま!!!!お帰り!」




松島「ありがとうあなたちゃん...」



あなた「RUN、めっちゃ良かった。ふまが歌ってたさ、『君がいなきゃ何も始まらない』あそこでまっしま映って、もう鳥肌ぶぁぁぁぁよ。」



中島「鳥肌もだけど、あなたちゃん泣いてなかった?笑」



あなた「え、何、見えてたの?笑」



マリウス「横の方でボロッボロ泣いてたよね」



あなた「だって感動したもん...」



松島「ほんとにありがとうあなたちゃん」



あなた「やっぱね、SexyZoneは、5人じゃなきゃね。」



佐藤「あれ、時間大丈夫?」



あなた「もうこんな時間だ。全然大丈夫じゃない。そろそろ行くね、まっしま、今度ご飯でも行こね!」



松島「もちろん!」



あなた「んじゃ、ばいばーいい、」



この後お仕事あるの忘れてました()



そんなことは置いといて、やっぱり、5人のSexyZoneしか勝たん!



みんなも、応援してあげてね。これからのSexyZoneを。