無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

.
〜目黒side〜


俺の愛しい人が


フラッと倒れそうになった


目黒「おっと...大丈夫?」


あなた「大丈夫、ありがとう」


岩本「良かったぁ...」


阿部「これでもう大丈夫なんだよね」


あなた「じゃあ私は滝沢くんのところ行ってくるね」


向井「えっ、なんで?」


あなた「証拠提出。」


ラウール「証拠って...」


するとあなたはロッカーの上から何かを取りだした


あなた「これこれ。」


宮舘「スマホ?」


渡辺「もしかして、録画してたの?」


あなた「そう。」


佐久間「やっぱ流石だなぁあなたは。」


あなた「ありがとう」


あなた「じゃあ行ってくるわ」
























あなた「失礼します」


滝沢「はい」


滝沢「お、どうした?」


あなた「こちらをご覧ください...」


滝沢「これは...」


あなた「桐島姫華の自作自演です。」


あなた「先程Snow Manの輪からは出ていきました」


滝沢「ほんとに?」


あなた「はい。」


滝沢「じゃあ...またSnow Manは10人で。」


あなた「はい...!」