無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

.
目黒「ねぇほんとに大丈夫なの?」

あなた「大丈夫だって」

渡辺「どうしたんだよ、笑」

目黒「あなたが例の"マスターさん"に呼び出されたんだって」

渡辺「マスターさんね、俺すげぇ目で見られたなぁ。」

あなた「渡辺のことすごい嫌ってたよね」

目黒「マスターさんあなたのこと好きだもんね」

あなた「え、そうなの?」

渡辺「そうだよ。今まで気づいてなかったの?」

目黒「まじかよ」










目黒「とにかく、なんかあったら連絡すること」

あなた「はいはい。」
























あなた「ちわ、」

マスター「待ってましたよ」

あなた「用って?」

マスター「まぁ座ってくださいよ」










マスター「いつになったら気づくんですかね」

あなた「え?」

あなた「んぐっ!?」

口に白い布を当てられた。

目の前が真っ暗になった

マスター「大人しくしててくださいね」