無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第120話

.
渡辺「近く通ったから、ラウールいないかなぁって思って。そしたらあなたがさ、高校生に絡まれてるからマジでびっくりした」



あなた「ごめんって、」



ラウール「お迎え来てくれるのは嬉しいけど、あんなんじゃもうお迎え来てくれなくていいよ?心配だもん」


あなた「なんでみんな私の事か弱い女の子みたいに扱うの?永瀬にも言われた」



目黒「永瀬廉に会ったの?」



あなた「駅で。一人で大丈夫ー?って。」



深澤「んー...あなた可愛いから、アイドルじゃなかったとしても男の人に声掛けられまくりだろうね」



あなた「じゃあなに、私もう1人で外出ちゃダメなの?」



岩本「こら、拗ねない」



宮舘「でも、なるべく1人じゃないほうがいいとは思うけどね。ストーカーとかに付きまとわれたら大変だし」



あなた「明日撮影後にどっかご飯食べに行こうと思ったのに」




深澤「じゃ、みんなで行く?」



あなた「え?」



深澤「いや?」



あなた「深澤の奢りならいいよ、ね?みんな」



目黒「ふっかさんの奢りなら行くしかないなぁ、」



ラウール「マジで楽しみ」



向井「どこ行く?」



宮舘「俺いいとこ知ってる」



あなた「だてさんセレクトなら心配ないね」



深澤「いやなんで勝手に話進んでんだよ」



あなた「じゃあ私ひとりでラーメン食べに行くけど大丈夫そ?」



深澤「分かったよ、奢ればいいんでしょ奢れば笑」