無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

.
佐久間「...えっ、そうなの?」


宮舘「あなたが名家の娘?」


あなた「今まで黙っててごめんなさい」


渡辺「俺と目黒はあることがあって知ってたんだけど」


阿部「...で桐島さんがライバルの家の子で...」


あなた「桐島家は昔からウチとやたら競いたがるのよ。高校も大学も姫華が私を抜かそうとしてたらしいけど、学力がシンプルに足りなかったらしいの。」


深澤「...もしかして今回こそはあなたを潰そうとしてるってこと?」


あなた「恐らく。滝沢くんもそう考えてるみたいで」


あなた「あれでも桐島家は金持ちだから、滝沢くんも逆らえなかったんでしょうね、」


あなた「タイムリミットは1ヶ月。」


ラウール「えっ、どういうこと?」


目黒「あいつがあなたになにか仕掛けるから、それを理由に辞めさせるってこと?」


あなた「おっ、珍しいね蓮」


目黒「今真剣な話でしょ」


あなた「ごめんなさい」


岩本「何かやってくるって言う確信はあるの?」


あなた「うん。私が大学受験の時、手紙が届いて。差出人は桐島姫華。中にはカッターの刃が入ってた」


岩本「なんでそんな大変なこと俺らに言わなかったの?」


あなた「みんなに迷惑かけたくなかったから。でも、今回はみんなの協力無しじゃ...」


向井「つまりあなたがあの子に虐められても止めるなってこと...?」


あなた「うん」


深澤「んなこと...できるかよ」


あなた「しょうがないじゃない。Snow Manを守るにはこれしか...」


佐久間「分かった。でも、あなたに傷が残るような事だったら阻止するから」


あなた「佐久間...」


宮舘「とりあえず、自分の身になにか起きそうだって思ったら誰でもいいから連絡すること。わかった?」


あなた「はい」


ラウール「僕じゃ頼り甲斐がないかもしれないけど頼ってね」


あなた「ありがとラウ...」


向井「俺が予測するのは、めめをネタに揺すってくると思う」


渡辺「たしかに。さっきもなんか言ってたし」


目黒「え、俺?」


阿部「目黒はあなたのこと好きだろ?多分、あの子はあなたが自分のこと好んでくれてる人のことはちゃんと大事にするタイプだって知ってるから、目黒と引替えに...ってこともあるかも。だから目黒も気をつけて」


目黒「分かりました。あなたは俺が守るから」


あなた「蓮。身長もでかいし、なんか安心感あるから...ありがとう」