無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

.
あなた「ただいま...」


佐久間「あなた!大丈夫?ねぇ大丈夫!?」


あなた「心配かけてごめんなさい」


阿部「心配ならいくらでもするけど、無理しちゃダメだかんね?」


向井「ホンマによかった...無事で」


甘い香りが私の身を纏った


あなた「わ、ひーくん...?」


岩本「死んじゃうかと思った。心配しすぎてしこっちが死ぬかと思った」


あなた「ごめんね、ありがとう。」


渡辺「ちょ、照離れて離れて」


宮舘「お医者さんはなんて?」


あなた「過労。今日ゆっくりしてればOKだって」


深澤「過労...か。仕事減らしてもらうように頼むね」


あなた「え、でも...」


深澤「また倒れて仕事できなくなったら元も子もないでしょ?」


あなた「だけど」


深澤「頑固なところ、俺はあなたのいい所だと思ってるけど、ちょっとは妥協しなさい。」


あなた「...はい。」


ラウール「あなたぢゃぁぁん、、」


あなた「え、え、泣いてんのラウ!?」


ラウール「だっでぇ.....」


あなた「ごめんね?ラウ」


ラウール「結構ガチで心配したから今度なんか奢って?」


あなた「しょうがないなぁ笑」
















私、愛されているようです



この10人でずっとやっていけたらいいな