プリ小説

第3話

ジコ?
side 櫻井
今日は入学式です!














でも、俺の友達達がやらかしました







大野『ふわぁぁぁ』


相葉『いい天気だねぇ』


松本『何そんな呑気なこと言ってんだよ!!!!』


二宮『まぁいいんじゃないですか?どうせもう間に合わないし』
















はぁ!?!?








櫻井『なにいってんの急ぐよ!!!!!!』






俺自分で言うのもなんだけど中学の時優等生だったから!!!
高校でグレるとか無理だから!!!!!












初日で遅刻は困る…………!!!!!!!





松本『あー、もう!』







ヒョイ







大野『うわっ!…んぁー?』


松本『行くぞ!!』


二宮『大野さんいいなぁ、私も歩きたくないです』


相葉『にのちゃん抱っこしてあげようか?』


二宮『結構です』


相葉『えぇー?なんでよー!』


二宮『いいです!』












はぁ……もういっか

と諦めてニノと雅紀と歩いてたら前を歩いてた松潤と智くんが






ドンッ





大野『いたっ……』


松本『いてぇ……』





?『いっっっったっ!!!!』


?『急に止まんなや!』


?『知らんわ!事故や事故!』



二宮『大丈夫ですか!?』


櫻井『大丈夫!?』


相葉『ケガしてない?』


櫻井『あなた達も大丈夫ですか?』
?『ごめんなさい!!!!』


?『大丈夫ですか!すいません、ケガは?』


松本『大丈夫です』


大野『だいじょうぶです』


相葉『あ!まって!その制服!』


相葉『山風高校の制服ですか?』


大野『ほんとだ!』


?『そうですけど……』


櫻井『僕達もなんですよー!』


?『あ、そうなんですね』


相葉『わぁー!よろしくお願いします!』


?『お願いしますー』


?『え、てかヤバくね』


二宮『あ』


?『入学式や!』


?『急げぇぇぇぇぇぇぇえ!!!』













































































































え?間に合ったか、って?


まぁ、遅刻でしたよね←



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

しゃーぷぺんしる
しゃーぷぺんしる
よろしくお願いします フォローとか、お気に入りとかお願いします!
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る